腸内環境を整えストレスを軽減する

私たちは、腸内環境によって生命を繋いでいます。

腸内細菌は、免疫力を高め、生きる力を生んでいます。

そればかりではなく、豊かな感情や情緒の形成を導いてくれています。

食道から胃を通過し、腸まで1本で繋がっている消化管は、脳とは独立した、独自の神経系を有し、機能をしています。

実は、消化管は脳から指令を受けるだけでなく、消化管から脳への情報伝達量の方がはるかに多く、腸神経系は腸の脳と呼ばれているほどです。

不安や緊張からストレスを感じると、アドレナリンやコルチゾールが分泌され、腸内細菌に変化を及ぼし、バランスを乱してしまいます。

乱れた腸内細菌が脳内へ神経伝達を送り、さらに脳はストレスを感じ、不安や緊張が強くなります。

ストレスでガンになり、腸内環境が乱れ、さらにガンへの不安や緊張が増強される。

がんの原因であるストレスを無くすにははこちらから

さらに腸内環境が乱れるといったように、負のスパイラルに陥ります。

ストレスをためない生き方も大切ですが、腸内環境を意識的に整えておくことも大事です。

その為には、不溶性食物繊維、水溶性食物繊維をバランスよく摂る

そして、麹菌、納豆菌などをしっかり摂ることです。

つまり、味噌、納豆、漬物、塩麹などを摂るということです。

胃酸によって菌は殺菌されてしまいますから、毎日摂ることが大切です。

これら発酵食品がしっかりと役立つためには、野菜を摂って、菌が住みよい腸内環境にしてあげることが重要です。

そのポイントは、野菜は葉ごと、皮ごと、根っこごと、丸ごと調理すること

大根も人参もレンコンもゴボウも皮ごと使います。

ほうれん草は根っこまで、ブロッコリーも丸ごと使います。

出来る限り、無農薬、無肥料の自然栽培の野菜を使うことをおススメします。

不可能な場合は、自然塩の水につけ置きしたり、たわしでこすって洗うようにします。

ストレスからガンになった人、ガンになって気持ちがふさいでいる人、鬱から抜け出したい人

ガンなおしには、前向きな明るい心と、忍耐力が必要です。

野菜や発酵食品を毎日摂って、腸内環境を整えることをおススメします

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す