がん治療に悩む・自分で選択する

がん治療に悩む人

抗がん剤をやめたい、でもやめるのも怖い

抗がん剤を続けるべきか、やめるべきか

抗がん剤が悪いことはわかっている、でも断ったことで病院で診てもらえなくなることが怖い

決めれない、と相談を受けます。

そんな方は、抗がん剤の成分も、抗ガン剤のデメリットも、抗ガン剤によるリバウンドが起きることも、抗ガン剤が免疫を抑制することもちゃんと知っています。

そして、がんは免疫を上げないと治らないことも知っています。

だからこそ、どうしたら良いかと質問をされます。

免疫を上げる生き方はお伝え出来ますが、がんの治療法は自分で自分の体に責任をもって選択するしかないのです。

仮に抗がん剤をして、再発や転移をしても病院を責めることは出来ません。

なぜなら、それを選んだのは自分自身、すべては自分の責任だからです。

治療は強制ではないのです。

たとえ、抗がん剤によるリバウンドや二次発ガンがあることを知らなかったとしても、知らない事も自分の責任

自分で調べ、何が良いのか悪いのかの判断は、自分の感覚を大切に、自分の意思でしっかりと選択することが大切です。

悪いとわかっていながらすることは、罪悪感となり、精神的にも大きな負担を与えます。

良いと思うことはする、悪いと思うことはしない

このけじめと決心が、がん治しには必要なのです。

なにを信じるかもひとそれぞれ

ただ、どんな治療法を選ぼうが、免疫を上げていくことは、がん治しに必要不可欠です。

私のクライアント様は抗がん剤治療を自らやめられた方が多く占めています。

抗がん剤を最初から全くしていない人に比べると、免疫を上げるためのパワーは2倍

また、抗がん剤治療を選択されている方も2割ほどいらっしゃいます。

どんな選択であれ、私にとっては大切な大切な方々

感染症を起こさないよう、とにかく免疫を上げ、治療で苦しむこともなく笑って元気に過ごされることに感謝、そして常に願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す