末期がんからの生還・決意が人生を変える

末期ガンを克服した人は、がん克服者の3割ほどを占めています。

末期ガンで動くことができないまでになっていた人が生還を果たす

病院での治療はすべて行い、手の施しようがないといわれた人の体から、なぜ癌が消えるのか・・・

以前、あるクライアントさんが言われました。

『ここまでなって、自分の命は自分で守っていくしかないと初めて気付かされました。

ハッと気付いたとき、今まで病院を頼り切っていた自分を情けなく思います。

これが私の生き方だったのでしょうね。

親からもらった大切な体をさんざん治療で傷み付けてしまったことを後悔しています。

このままでは、治らないのは当然です。

自分の生命力を信じて自分で治していこうと決心しました。

このままでも余命1カ月、同じ1カ月なら自分で感じるままやると決心しました。』

彼女は今も毎日の野菜ジュースにプロポリスを数ミリ落とし、1日の多くの時間を腹式呼吸で瞑想をして過ごしています。

治療法を探し、あちらこちらで聞き歩いていたころの彼女とは別人です。

迷うことなく、ブレることなく野菜ジュースをベースに自分に合ったものを組み合わせ、アレンジをされています。

彼女の決意が人生を変えています。

『私の体からがんが消えた』

『○○のおかげで元気になった』

しっかりと信念を定め、自分の体のなかに落とし込んでいます。

祈りが不動のものとなるとき

神と通じていくのです。

祈りは、成就したものと思うこと

これが目に見えない大きな大きな力となり、生命力が復活するのです。

彼女との会話を思い出すと、樹木希林さんと重なります。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療に常識は無い・自分に合った療法

卵巣がんの方が、転移を聞いたとき目の前は真っ暗になったそうです。

つらい治療をしてきたのに再発をし、2ヶ月の間に転移までしたのか知りたい

このままの治療を受けていて本当に良いのか・・・

切実に感じたと言われました。

今まで疑ったこともなく医者を信用しきっていただけに、裏切られ悔しく思ったそうです。

疑問を感じることは大切なことと思います。

人任せにしないためにも、常識を疑ってみることが必要なのです。

ガンなると、抗ガン剤、放射線、手術が常識の日本

しかし、日本のガン患者はどんどん増えています。

死亡者数も増えています。

そして、他人を恨むのは間違いですよ、と彼女に伝えました。

その治療法を選んだのは自分、その医師に任せたのも自分です。

すべては、自分の責任なのです。

だから、がん治しは人任せではなく自分で治していくしかないのです。

アメリカでは、癌は減少傾向にあり、死亡率も下がっています。

アメリカと日本の一番の違い

それは、アメリカは代替療法先進国だということです。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称

鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品など・・・

病気の原因を探り、免疫力を高め自然治癒力を最大限に活かす根治療法です。

アメリカでは、健康食品の必要性も積極的に説いています。

私も健康食品で救われたひとりです。

私の愛用品はこちらから

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

このアメリカの「ハーディン・ジェームス博士」のエピソードは有名ですね。

三大療法が常識となっている日本人にとって、治療をしないことは非常識かもしれません。

『治療しない=何もしない』 ということではなく、世間の常識に当てはめないということです。

性格、環境、細胞、体質はみんな違います。

自分に似合った療法を見つけ出すことが大切です。

自分の体の声をしっかりと聞いて、自分の常識で総合的に取り組む

病院で手の施しようがないと言われた末期癌の方が、代替療法で元気を取り戻すことは珍しくありません。

苦しい体験をきっかけに、思索の積み重ねによって、独自の新しい価値観が構築されます。

その人が抱く価値観は、具体的な行動となり、新たな生活、新たな生き方となっていきます。

がん治しは、生き方の見直しです。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんが消えて行く環境・偏らない生活

偏った生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

癌は、生き方の偏りがつくった病

働き過ぎ  ⇔ リラックスし過ぎ

頑固過ぎ ⇔ 人が好過ぎ

神経質過ぎ ⇔ 無神経過ぎ

このような神経過剰状態は、血行を悪くし、体温が低下させてしまい、さらには呼吸までもが浅くなります。

低体温、低酸素の体では、正常な細胞が生きにくくなります。

しかし私たちのからだは、低体温、低酸素という最悪な環境下であっても、命を守るために、その環境に適応する細胞をつくって生き延びようとします。

それが、がん細胞です。

宿主である私たちが、この低体温、低酸素という環境を変えない限り、がん細胞は生き続けるのです。

逆に環境を変えることで、がん細胞は住みにくくなり私たちの体からすーっと消えていくのです。

これが、自然治癒力による、がん自然退縮です。

そして、がん細胞がいた場所に、以前のように正常な細胞が住みだすのです。

つまり、がん細胞に気持ちよく出ていってもらって、また正常細胞に帰ってきてもらう環境を整える、ということです。

そのためには偏った生き方を見直すこと

低体温には、低体温になった原因が必ずあります。

低酸素には、低酸素になった原因が必ずあります。

まずは、原因を探り、取り除くことが必要

癌になったことで、異常な不安感、恐怖感に襲われ、神経がさらに過剰になってしまう・・・

そんなことはありませんか?

強い不安、恐怖に襲われたり、無理をした生き方をしていると交感神経が緊張状態になります。

私たちの体は、交感神経が緊張状態になると、アドレナリンを分泌し、血管が収縮してしまいます。

すると、さらに低体温、低酸素の状態になります。

体温は低くないのに、がん治しが上手くいかない方

酸素はしっかりと入っていますか?

ぜひ、再確認してみてください。

体温が低いと、糖の分解、必要な栄養素への変換もできなくなり、高血糖が起きます。

低体温・低酸素・高血糖はがんの道

毎日の食事を大切に、カロリーを栄養に変える体づくりをおススメします。

本気で治したい方・ご相談ください。 一緒に取り組んでいきましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然治癒力を活かすも損なうも自分次第

自分の体は、自分にしかわからない。

治癒力を活かせるのも自分でしかないのです。

しかし、現代の生き方は、100人の名医を活かすどころか、損なってしまう生き方になっています。

だから、ガンが増え続けているのです。

自然治癒力が働いていれば、ガンになることはないのですから・・・

100人の名医(自然治癒力)を損なってしまう生き方とは、ストレスと食事が大半を占めています。

だったら、100人の名医(自然治癒力)を活かす生き方をしてみてはどうでしょうか。

ストレスが少なくなれば、食が変わります。

食を変えれば、ストレスが減ります。

生き方を変えるのは自分自身

私が出来ることは、みなさんの中にいる名医(自然治癒力)に目覚めてもらうために、体が喜ぶことをお伝えすること

そして、ご縁を頂いた方が、ガンを癒す心の持ち方が出来るようサポートすることです。

日本人は、残念ながら生命の根源がホメオスタシスにあることに気付いていない方がほとんどです。

これも豊かすぎる日本の特徴なのかもしれません。

生命の根源に気付けば、ガンに対する「新しい価値観」 が生まれてきます。

ひとりでも多くの方が気付かれることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

保存が便利な白菜の効果

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

これから大活躍する白菜

新聞紙で包み立てておくと2~3週間保存がきくので便利な野菜です

また、カットされた白菜は、根元の白い部分に切り込みを入れておくと鮮度が保たれます

ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・食物繊維がとても豊富な白菜

風邪予防や免疫力強化にはもってこいですね

また、白菜はカリウムが多く、体内の老廃物を排出する働きがあるので、ガン予防効果も期待できます。

なかでも、葉がオレンジ色のオレンジ白菜は、普通の白菜よりも栄養価が高いのでおススメです。

無農薬白菜は甘みが強いので、サラダにしても良いですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

プロポリスのどスプレー

これからの季節の必需品

子どもさんにも安心して使って頂けるの天然素材の喉スプレー

本物のプロポリスに甘草の甘みとペパーミントを加えることで爽やかな味に仕上げたハンディスプレー

スプレー式なので、いつでもどこでもお手軽に蜂粋プロポリスを摂取できます

乾燥しがちなこれからの季節

カバンやポッケに入れてお持ち歩きくださいね

プロポリスハンディースプレーはこちらからhttps://www.qualitypro.co.jp/shop/catalog/1/pro000009/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

余命宣告をどう捉えるか

もし自分だったら、余命宣告をどう捉えますか?

必要か必要でないか、その賛否はさまざまでしょう。

しかし、それ以前に私は、人の命の長さを、なぜ人が判断出来るのか…不思議でなりません。

ガンじゃなくても、みんな与えられた時間、残された時間で生きています。

どんな人であれ、明日はわかりません。

人の人生を人が裁くような宣告に私は疑問を感じたりもします。

それもみんなそれぞれです。

余命1ヶ月、余命1年…

しかし、ガンの大きさ、検査結果だけで本当にそう言えるのでしょうか?

ガンの大きさは同じであっても、食事を始め、性格、環境、生き方、そして心の中、すべてがみんな違います。

人の心は、誰にもわかりません。

だから、他人が判断した余命なんて、あてにならないと私は思います。

しかし、人間の体は、余命宣告を受け、 命の期限を聞かされると脳がそれをインプットしてしまいます。

そして、体内時計が刻々と臨終時刻に向け、時を刻んでいきます。

すでに不安と恐怖を通り越し、生きる気力を失ってしまいます。

つまり生命のスイッチが切れるということです。

「だから、余命宣告なんて気にしなくていい!」
と言いたいところですが、残念ながらほとんどの方がこのパターンになっていきます。

しかし、真逆の方もいらっしゃいます。

余命を伝えられ、「だったら残りの時間をしっかり楽しもうじゃないか!」と考える方もいらっしゃいます。

開き直りです。

するとどうでしょう。

さまざまな執着が自然と手放されていきます。

執着を捨てると、愚かであった自分が見えてきます。

執着を捨てると、今まで見えなかった世界が見えてきます。

執着を捨てると、自分の周りには小さな喜びが、たくさん溢れていることに気付きます。

また、すべてに感謝して過ごすことが出来ます。

そして、この喜びと感謝ある生き方が、気付けばガンになる前より元気な心と体をつくっているのです。

余命宣告を受け、病院から見放されても、ガンを克服された方はたくさんいらっしゃいます。

見放され、「ありがとう」かもしれませんね。

私が2カ月前に出会ったクライアントさん。

私は、彼女が見直したい生き方や、ガンを癒す心の持ち方を導くことしか出来ません。

後は、執着を捨て、愚かさに気付き、修正をかけ、感謝して生きるのは自分自自身です。

今の彼女は出会った頃とは別人です。

以下、彼女の気持ちを記したものをご紹介します。

私は癌患者であります。
しかも、東京オリンピックまで生きてるのは難しいと医者から言われてます。
沢山たくさん泣きました。
これまでも色々あるたびに泣いては凹みまた復活して頑張ってきた。
いよいよだめかぁ~と落ちました。
でも2日で復活して毎日を元気に楽しく感謝をして生きてます。
乗り越えられることしか神様は試練を与えないとは言うけれど、その通りだと思います。
38歳で癌告知され治療をして、39歳で再発。40歳で厳しい宣告。
今までもなかなかのドラマチックな人生だったけれど、病気して更にドラマチックな人生となりました!
私は諦めてません。
状況は厳しいのかもしれないけど、毎日楽しく元気に生きてます!!
今年になり素晴らしい出会いも沢山あり宝と思っています。
私は確かに大病をして大変なこともあるけど、愛に関しては大変恵まれていると思う。
家族や友達、知人の支えがあり今日までやってこれました。皆さんに感謝をしています♡
ありがとうございます。
私が言いたいのは哀れんで欲しいわけでもなく、慰めて欲しいわけでもありません。
病気になったからこそわかったことが沢山たくさんありました。
家族が一つにまとまれたこと。
家族の愛を確認できたこと。
友達の大切さを知ったこと。
日常の生活がこんなにも素晴らしく楽しいことであることに気づけたこと。
食の大切さを知ったこと。
書ききれないけど気づけたことが沢山あり宝となりました。
こんなに元気でいるんだよ~を知って欲しいと思ったからあえて書きました(^_^) 確かに無理は出来ないし疲れやすいけど、今体力UPのために頑張ってます!
皆さんも日常生活の中で沢山不満はあるかもしれないけれど、元気に生きていられることは、何事にも変えられない財産です。宝です
病気になるまでは、呼吸が出来ているのも、ごく普通に起きて食事して排泄出来てが当たり前と思ってました。
全てが感謝だしごく当たり前にも思えることが1番の幸せだと思っています。
おんみたいせつ
以前知り合いがこの言葉をよく言ってました。そのまんま(;^_^A
健康第一です‼︎
私はもっと元気に輝くぞ~っ

*****************************************************

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

栗の強い抗酸化作用

今が旬の栗

栗は、とてもバランスよく栄養成分を含んでいます。

そのなかでも注目するのは、ビタミンCです。

栗に含まれるビタミンCは、デンプン質に包まれ保護されているため、加熱しても壊れにくいのが特徴です。

美容にも良いといわれるのが、このビタミンCがあるからです。

そして、栗のすごいところは、強い抗酸化作用です。

栗の渋皮には、ポリフェノールの一種であるタンニンが多く含まれています。

これは、活性酸素を除去したり、皮膚の保護作用もあり、強い抗酸化作用によってガン予防や老化防止に効果があるといわれています。

渋皮煮がおススメです

ただし、タンニンには鉄の吸収を阻害する働きもあるので、摂り過ぎには気を付けてくださいね

魚焼きグリルで簡単に焼き栗をつくるのもいいですね

包丁の角で栗に切り込みをいれておきます。

グリルに水をたっぷりと入れ、網の上に栗を並べて焼くだけです。

弱火で約20分

仕上げに少し火を強め5分ほど焼いて出来上がり

秋の味覚を楽しみたいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

心を鍛え免疫を上げる

免疫を高めるためには、体を鍛えることは大切です。

しかし、それ以上に心を鍛えることが重要になります。

心を鍛えるということは、苦しみやストイックな生活を与えるということではありません。

だからといって、甘やかした生活をすることとも違います。

苦しみより喜びや幸せを多く感じる心をつくるということです。

ガンをなおすために必要なブレない心も、この喜び感、幸せ感によって形成されます。

ものごとの捉え方、心の持ち方ひとつで大きく変わってきます。

ガンになったことも、生命体の原理原則、ガンのメカニズムをきちんと知れば、決してマイナスではありません。

ガンを恐れるどころか、ガンに感謝する自分になります。

恐れは、体に大きなストレスを与え、免疫力を激減させてしまいます。

どうやって発想を変えるのか、どうやって心の持ち方を変えるのか・・・

喜び感、幸せ感が増すと、ナチュラルキラー細胞は活性化します。

つまり、ストレスをストレスにしない生き方をすることです。

きっとお役に立てます。

ご相談くださいね。

そして、自己イメージの訓練がナチュラルキラー細胞活性には良い効果をだします。

1日数分間、出来れば30分

目を閉じて、楽しいこと、喜んでいる自分をイメージしてみてください。

心が喜びを感じたとき、最もナチュラルキラー細胞は活性化されるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんに対するとらわれを捨てる

ガンなおしは、山あり谷ありです。

光が見えてきたと思っても、突き落とされるようなことも起きます。

心が折れそうになって、自暴自棄になってしまうこともあるでしょう。

そんなとき、心のとらわれ、こだわりが大きくなっていないか振り返ってみませんか?

何かにとらわれると、苦しみが増えます。

何かにこだわると、悩みは増えます。

つまり、執着は自分自身を縛り付けてしまうのです。

苦しみ、悩みの根源は執着です。

執着を捨てない限り、苦しみから解放されることはないのです。

ガンというものに自分が苦しんでいるのは、ガンに対するとらわれがあるから

ガンなおしは、今、あるものに感謝をし、余分なものは捨てることからです。

心のなかも、身の周りも、余分な情報も捨ててみる

そして、どんなときでも、自分が決めたことを黙々とこんこんと続けることです。

ガンなおしは、正解もなければ、不可能もない

みながそれぞれ違い、不可能を可能にしています。

可能にしてきた人の共通点は、執着を捨て山あり谷ありを乗り越えてきた人なのです。

苦しくなったら、泣けばいい

思いっ切り泣いたら、今いることに感謝する

そして、開き直る

やるべきことをしたら、腹をくくり一切を天に任せる

神の領域に踏み入らない

これが、苦しまない、悩まない生き方です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)