末期がんからの生還・決意が人生を変える

末期ガンを克服した人は、がん克服者の3割ほどを占めています。

末期ガンで動くことができないまでになっていた人が生還を果たす

病院での治療はすべて行い、手の施しようがないといわれた人の体から、なぜ癌が消えるのか・・・

以前、あるクライアントさんが言われました。

『ここまでなって、自分の命は自分で守っていくしかないと初めて気付かされました。

ハッと気付いたとき、今まで病院を頼り切っていた自分を情けなく思います。

これが私の生き方だったのでしょうね。

親からもらった大切な体をさんざん治療で傷み付けてしまったことを後悔しています。

このままでは、治らないのは当然です。

自分の生命力を信じて自分で治していこうと決心しました。

このままでも余命1カ月、同じ1カ月なら自分で感じるままやると決心しました。』

彼女は今も毎日の野菜ジュースにプロポリスを数ミリ落とし、1日の多くの時間を腹式呼吸で瞑想をして過ごしています。

治療法を探し、あちらこちらで聞き歩いていたころの彼女とは別人です。

迷うことなく、ブレることなく野菜ジュースをベースに自分に合ったものを組み合わせ、アレンジをされています。

彼女の決意が人生を変えています。

『私の体からがんが消えた』

『○○のおかげで元気になった』

しっかりと信念を定め、自分の体のなかに落とし込んでいます。

祈りが不動のものとなるとき

神と通じていくのです。

祈りは、成就したものと思うこと

これが目に見えない大きな大きな力となり、生命力が復活するのです。

彼女との会話を思い出すと、樹木希林さんと重なります。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療に常識は無い・自分に合った療法

卵巣がんの方が、転移を聞いたとき目の前は真っ暗になったそうです。

つらい治療をしてきたのに再発をし、2ヶ月の間に転移までしたのか知りたい

このままの治療を受けていて本当に良いのか・・・

切実に感じたと言われました。

今まで疑ったこともなく医者を信用しきっていただけに、裏切られ悔しく思ったそうです。

疑問を感じることは大切なことと思います。

人任せにしないためにも、常識を疑ってみることが必要なのです。

ガンなると、抗ガン剤、放射線、手術が常識の日本

しかし、日本のガン患者はどんどん増えています。

死亡者数も増えています。

そして、他人を恨むのは間違いですよ、と彼女に伝えました。

その治療法を選んだのは自分、その医師に任せたのも自分です。

すべては、自分の責任なのです。

だから、がん治しは人任せではなく自分で治していくしかないのです。

アメリカでは、癌は減少傾向にあり、死亡率も下がっています。

アメリカと日本の一番の違い

それは、アメリカは代替療法先進国だということです。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称

鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品など・・・

病気の原因を探り、免疫力を高め自然治癒力を最大限に活かす根治療法です。

アメリカでは、健康食品の必要性も積極的に説いています。

私も健康食品で救われたひとりです。

私の愛用品はこちらから

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

このアメリカの「ハーディン・ジェームス博士」のエピソードは有名ですね。

三大療法が常識となっている日本人にとって、治療をしないことは非常識かもしれません。

『治療しない=何もしない』 ということではなく、世間の常識に当てはめないということです。

性格、環境、細胞、体質はみんな違います。

自分に似合った療法を見つけ出すことが大切です。

自分の体の声をしっかりと聞いて、自分の常識で総合的に取り組む

病院で手の施しようがないと言われた末期癌の方が、代替療法で元気を取り戻すことは珍しくありません。

苦しい体験をきっかけに、思索の積み重ねによって、独自の新しい価値観が構築されます。

その人が抱く価値観は、具体的な行動となり、新たな生活、新たな生き方となっていきます。

がん治しは、生き方の見直しです。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん患者をもつ家族の悩み

「人任せの治療から抜け出してくれない」

「聞く耳をもってくれない」

ガン患者さんをもつご家族の悩みのなかで、一番多い相談内容です。

特にご主人様がこんな感じで頭を抱えている奥様が多いこと・・・

奥様からすると、なぜ? と思い苛立つ時もあるでしょう。

それも仕方ないと言えば仕方ない部分でもあります。

悪魔でも統計的な答えにはなりますが・・・

男性は 『理屈・理論・ルール』 を大切に生きています。

女性は 『感情・直感・センス』 を大切に生きています。

そして男性は家族を守るために必死になって仕事をしています。

何事も仕事に結びつけている男性は、「結果をだして、評価されたい」とう意識が気付かぬうちに身についているのかもしれません。

理論的な生き方をする男性は、科学的根拠のある療法を好み、それによって結果を出すことに意識がいきやすいのかもしれません。

そしてルールを強く意識する男性は、医師からの治療を断れない義務を感じているのかもしれません。

一方、女性は正反対です。

女性は、感情や直感、情緒でものごとを捉え決めるところがあります。

科学的根拠のない療法であっても、感情と一致すれば、素直に受け入れられるのです。

また、直感力を大切にする女性は、理屈など必要としません。

そして、女性は、本音と建前を上手く使い分けて生きています。

病院でもらった薬でも先生の手前、飲んでいるふりをしている方が非常に多いことに驚きます。

女性は結果とは別に、安全で平穏な毎日が持続することを望んでいます。

男性は結果の為なら、危険も覚悟という方が多いですね。

そもそもこれだけ違う訳ですから、たとえ夫婦であっても、同じ方向にむいていても、選ぶ手段が全く違うわけなのです。

いくら夫婦であっても、強制はできません。

でも時間に限りもあることですから、苛立つ奥様の気持ちも無駄にすることは出来ません。

理屈や、理論で生きる男性には、きちんと理屈や理論を並べてお話すれば伝わるのではないかと思います。

なぜ、今のあなたにはこれが必要なのか・・・

思いや感情だけで伝えるのではなく、きちんと順序立てて説明をしてあげることも愛情です。

すると、自然と心の部分にも目を向け、ガンの名医は自分自身であることに気付きます。

こんな時こそ、家族が心身ともにキレイでいることです。

心豊かに生き生きと輝く家族を見ることで、必要な人には必ず気付きが起きてきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

牛乳神話

牛乳が体に良くないということは少しずつ認識されてきました。

牛乳は体に良いという牛乳神話目

誰が言いだしたのでしょうね・・・

カルシウムがたっぷりの牛乳は骨を丈夫にする!

こんな洗脳を受けてきていますあせる

学校給食でも牛乳は当たり前に使われてきました。

今でもですね

実は、牛乳はリンとタンパク質を多く含んでいるので、摂取をすれば、リンとタンパク質を中和させるために体のカルシウムが溶けだします。

ですから、牛乳を飲む人は、骨粗しょう症や骨折しやすいということです。

世界一牛乳を飲む国 ノルウエーの人の骨折率はなんと日本人の5倍もだそうです

チーズにおいても同じ事が言えます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんが消えて行く環境・偏らない生活

偏った生き方は、心と体に大きなストレスをかけています。

癌は、生き方の偏りがつくった病

働き過ぎ  ⇔ リラックスし過ぎ

頑固過ぎ ⇔ 人が好過ぎ

神経質過ぎ ⇔ 無神経過ぎ

このような神経過剰状態は、血行を悪くし、体温が低下させてしまい、さらには呼吸までもが浅くなります。

低体温、低酸素の体では、正常な細胞が生きにくくなります。

しかし私たちのからだは、低体温、低酸素という最悪な環境下であっても、命を守るために、その環境に適応する細胞をつくって生き延びようとします。

それが、がん細胞です。

宿主である私たちが、この低体温、低酸素という環境を変えない限り、がん細胞は生き続けるのです。

逆に環境を変えることで、がん細胞は住みにくくなり私たちの体からすーっと消えていくのです。

これが、自然治癒力による、がん自然退縮です。

そして、がん細胞がいた場所に、以前のように正常な細胞が住みだすのです。

つまり、がん細胞に気持ちよく出ていってもらって、また正常細胞に帰ってきてもらう環境を整える、ということです。

そのためには偏った生き方を見直すこと

低体温には、低体温になった原因が必ずあります。

低酸素には、低酸素になった原因が必ずあります。

まずは、原因を探り、取り除くことが必要

癌になったことで、異常な不安感、恐怖感に襲われ、神経がさらに過剰になってしまう・・・

そんなことはありませんか?

強い不安、恐怖に襲われたり、無理をした生き方をしていると交感神経が緊張状態になります。

私たちの体は、交感神経が緊張状態になると、アドレナリンを分泌し、血管が収縮してしまいます。

すると、さらに低体温、低酸素の状態になります。

体温は低くないのに、がん治しが上手くいかない方

酸素はしっかりと入っていますか?

ぜひ、再確認してみてください。

体温が低いと、糖の分解、必要な栄養素への変換もできなくなり、高血糖が起きます。

低体温・低酸素・高血糖はがんの道

毎日の食事を大切に、カロリーを栄養に変える体づくりをおススメします。

本気で治したい方・ご相談ください。 一緒に取り組んでいきましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自然治癒力を活かすも損なうも自分次第

自分の体は、自分にしかわからない。

治癒力を活かせるのも自分でしかないのです。

しかし、現代の生き方は、100人の名医を活かすどころか、損なってしまう生き方になっています。

だから、ガンが増え続けているのです。

自然治癒力が働いていれば、ガンになることはないのですから・・・

100人の名医(自然治癒力)を損なってしまう生き方とは、ストレスと食事が大半を占めています。

だったら、100人の名医(自然治癒力)を活かす生き方をしてみてはどうでしょうか。

ストレスが少なくなれば、食が変わります。

食を変えれば、ストレスが減ります。

生き方を変えるのは自分自身

私が出来ることは、みなさんの中にいる名医(自然治癒力)に目覚めてもらうために、体が喜ぶことをお伝えすること

そして、ご縁を頂いた方が、ガンを癒す心の持ち方が出来るようサポートすることです。

日本人は、残念ながら生命の根源がホメオスタシスにあることに気付いていない方がほとんどです。

これも豊かすぎる日本の特徴なのかもしれません。

生命の根源に気付けば、ガンに対する「新しい価値観」 が生まれてきます。

ひとりでも多くの方が気付かれることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

保存が便利な白菜の効果

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がんを治す生き方プロデューサー・塚本みづほ

これから大活躍する白菜

新聞紙で包み立てておくと2~3週間保存がきくので便利な野菜です

また、カットされた白菜は、根元の白い部分に切り込みを入れておくと鮮度が保たれます

ビタミンC・カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・食物繊維がとても豊富な白菜

風邪予防や免疫力強化にはもってこいですね

また、白菜はカリウムが多く、体内の老廃物を排出する働きがあるので、ガン予防効果も期待できます。

なかでも、葉がオレンジ色のオレンジ白菜は、普通の白菜よりも栄養価が高いのでおススメです。

無農薬白菜は甘みが強いので、サラダにしても良いですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

朝食は必要ない?パン派?御飯派?

朝食は摂りますか?

それとも朝食は抜きますか?

ひと昔前、食事の回数は一日2回が一般的だったそうです。

それがいつしか1日3食へと変化しました。

この朝食の習慣をつくったのは、エジソン

エジソンが、自分の開発したトースターの需要を世界に拡大する為に始まったことだと言われています。

これによってパンやハム、ウインナーなどの加工肉を食べる機会が増えました。

それだけでなく、必要ないものを摂る、いわゆる食べ過ぎの状態になっています。

特に女性は、朝食にパンを摂る人が多いようです。

スーパーで売られているパンは、気軽に買えて傷む心配も少なく朝食だけでなく、おやつにもよく食べられるようになりました。

このパンには、実は多くの添加物が入っており、今では毒と言われたりもしています。

朝食にパンを食べる女性は、乳ガンの発症率が高くなっています。

このように日本人の健康を脅かしているのも事実です。

朝食でパンを食べ、給食でパン、夜にもピザやパスタ

私も大好きで、以前は3食ともパンを食べていた頃があります。

パンの消費量が増え、今おもえば日本人でありながら、お米の消費量がどんどん減っているのは寂しくも感じますね。

戦後間もない頃、日本の食糧事情はアメリカからの食料支援でパンが与えられたことが始まりで、それが今でも続いているようです。

日本の伝統食であるお米は排除されていっているように感じ、せっかくよい食材があるのに残念ですね。

日本のスーパー・コンビニで市販されているパンには、海外で禁止されているような危険な添加物が使われています。

特に臭素酸カリウムは危険な物質で、食品添加物の専門家会議では小麦粉処理剤として、臭素酸カリウムの使用は容認できないことが発表されています。

このような危険な食品添加物によって、アトピーやがんなどの病気が増えてきました。

パンは嗜好品であって、主食ではないのです。

癌の人には、小麦、バター、卵、砂糖など使ったパンは残念ながら控えたい食べ物です。

健康な人も、パンは嗜好品と考え、ケーキを頂く感覚で・・・

あなたの町の信用できるパン屋さんで買われることをおススメしますね!

しっかりとした心と体づくりには、栄養素を結合させることです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

五感を働かせる・自然治癒力アップ

私たちは日々、様々なストレスを受け生活しています。

人間関係のストレス・仕事のストレス・金銭面でのストレス・・・

これらは、自分でも自覚しやすいストレスです。

その他に、自分でも気付いていないストレスがあります。

音のストレス・色にストレス・気のストレス・・・

人間がつくった不自然な音は、知らず知らずのうちに体に影響を与えています。

車の音・電車の音・工場や工事の機械音・家電製品の音・携帯電話の音・・・

私たち現代人は、低周波の音の世界で生活しているのです。

これらの不自然な音は、体にストレスを与え、自律神経を乱してしまいます。

この繰り返しが、やがて病気をつくっていきます。

人生に疲れた人や病気になった人が田舎暮らしを始めるのは、こういったことからですね。

木々が揺らぐ音・小川のせせらぎ・小鳥のさえずりなど自然界の音は、高周波の世界になります。

山や川など自然のなかでは、心が和み癒されますね。

心も体も心地よさを感じると、副交感神経がぐんと優位になります。

そして、自然の音と共に目に入る自然の色は、生命エネルギーにスイッチを入れてくれます。

田舎暮らしを始め、ガンがなおった、病気がなおったという人も珍しくないですね。

自然のなかで、五感を働かすことで自然治癒力が高まっていきます。

自然が溢れていた時代は、ガンなどの心配もなかったはず・・・

つまり、がん治しは自然の摂理と切ってもきれない仲だということです。

お休みの日は、自然のなかへ出掛け、五感をしっかりと働かせてみませんか・・・

心が感じるものも多いはずです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分で治す意識・自然治癒力を高める

日本は、がんの発症率、死亡率が増加傾向にあります。

がんに限らず、糖尿病のなど何らかの病気を抱え、病院に通っている人が非常に多くなっています。

結果、日本の健康保険状態は破綻に追い込まれています。

今後、日本もアメリカ並に医療費が高くなる日がくるのは近い将来でしょう。

TPPによっても大きく変わってきます。

日本での薬価は、厚労省によって公定価格が決まっています。

しかし、アメリカでは製薬会社が価格を自由に設定しています。

TPPが締結され、医療費や薬価が高騰すれば、国民の負担額が大きく変わっていくことは予測されます。

風邪をひいても気軽に病院に行けなくなるのです。

となると、自分の体は自分で守っていくしかない

自分の体は自分で守ることは当たり前のことなのですが、日本人は病気は病院で見つけ、病院で治してもらうという考えの人がほとんどです。

治らなければ、違う薬

病名がわからなければ、自律神経失調症で薬

調子が悪くなる原因を放置したまま、良くなるわけがないのです。

それでも疑うことなく過ごしています。

それでは、いざ医療費破綻が起きたとき、困ってしまいます。

がんを始めとした病気は、自分で治す・病院はサポート役という意識を持つだけでも、自分の生活も、また世の中も変わってくるのではないでしょうか・・・

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)