がんはまず今までの思考癖を治すことからことからこ

ガンの自然療法には、温熱、食事療法、健康食品など様々なものがあります。

これらの療法以上に大切なことは、思考を変えることです。

なぜなら、ガンは、自分の思考癖や生き方がつくった病だからです。

【常に揺れ動く思考癖】

感情だけ、今の苦しさを穴埋めするために療法を選んでいる人は失敗します。

その時、その時でころころと変わります。

瞬間、瞬間で自分に必要と思うものや療法が変わる人です。

新しいものが目に入れば気持ちが揺らぎ、のり移るので数カ月ごとにまた、振り出しに戻るを繰り返している人がいます。

【他人と比較する思考癖】

治った人のやり方、意見を参考にすることは希望となり、良いことですが、いつしか希望が執着に変化してしまう方が多いです。

あの人はこれで治ったのに、なぜ私は治らないのか・・・

みんな検査はしているのか、していないのか・・・

常に他人が気になり、それにより自分自身を振り回してしまいます。

自分と他人は違います。

それどころか、他人と比較をすればするほど、上手くいかない自分に落ち込んだり、不安になったりと心がブレてきます。

【結果を先に求める思考癖】

何年もかけてつくったガンですから、時間がかかるのは当たり前のことです。

しかし、結果を先に求めてしまったり、結果を先に想定してしまい、盛り上がったり落ち込んだりしてしまいがちです。

心と体の自助努力を重ねた後に、結果はついてきます。

上手くいかない時には、上手くいかない理由があるのです。

投げかけた心や行動だけが、結果として返ってきます。

ガンなおしは、思考癖の見直し、生き方の見直しが軸になります。

そのサポート役に温熱、食事療法、健康食品があるのです。

壁にぶつかり、光が見えたり消えたりと繰り返すこともあるでしょう。

情報に振り回され、浮気をしたくなり心がブレることもあるでしょう。

焦りが欲になり、信念を狂わし、直感をも鈍らせてしまいます。

絶対に焦らないこと

自分が信じたとこをコツコツと続けること

揺るがない信念が大切です。

自分の愚かさにもう一度目を向け、自ら選んだ道をまたコツコツと実践していくのみです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す