がん治しは捨てることから始まる

治癒の一番の妨げとなるものは、ガンに対する恐怖心です。

恐怖心は、体におおきなストレスを与えます。

ガンがなおった人は、自分を信じるという信念を持ち、恐怖心など持っていないといいます。

恐怖心は、助かりたいという苦しみを与えます。

そして、助かりたいがゆえに、様々なことに気持ちが流れてきます。

すると、信念としてあり続けるのはずの軸がブレてきます。

あれもこれもと、たくさんのことをしようとして、中身が薄くなりがちです。

多くのことをすると、何が正しいのかわからなくなってきます。

そして、さらに心にブレが生じるのです。

ガンなおしは、多くを望むと失敗します。

何を捨てるかが大切です。

捨てることは勇気が要ります。

しかし、いっぱいいっぱい抱えていては、余裕がなくなり、結局行き詰ってしまいます。

広く浅くではなく、ひとつのことを深く深く振り起し、磨きまくることです。

そこに本当の信念が生まれてくるのです。

たくさんの療法、多くのサプリメントより、ひとつのことをしっかりと確実に続けることです。

本当によい健康食品は1種類で充分です。

余分なものは捨てる

ガンになった原因も捨てる

捨てたところにいい具合の隙間ができ、その隙間に心のゆとりが生まれてくるのです。

直感を働かせるには執着を捨てること

恐怖心を安心に変えるには、ただ黙々と信じたことをやり続けることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す