梅はちみつで胃腸快調

梅はちみつをつくりました

無農薬の南高梅

水に少し浸けておき、汚れなどをとります。

梅のおへそを楊枝か竹串でとっていきます

やりだすと、意外と楽しいですね~

梅のエキスがしっかりと出るよう、また、はちみつが浸み込むよう、フォークで穴をあけていきます

10分ほど放置していると色が変わってしまいました

後は、熱湯消毒した瓶に梅を敷き詰め、はちみつを入れていきます

梅が飛び出て乾燥しないよう、ガーゼかラップで上からおさえておきます

この時使う はちみつも無添加はもちろん、起源植物も無農薬、オーガニックであることをおススメします

私が使っているはちみつはこちらです

梅は、胃液の分泌を正常にしてくれます。

ストレスがかかると、胃液の分泌が不規則になってしまいます。

胃液の分泌が正常に行われないと、胃潰瘍などの症状が出てきます。

梅には、腸のバイ菌をおさえ、炎症を静めてくれる作用もあります。

そして、はちみつにも強力な殺菌作用がありますね。

はちみつに含まれるグルコン酸の強い殺菌消毒作用と、はちみつの糖が細菌内部の水分を減少させることで繁殖を抑えてくます。

また、はちみつは、腸内環境を整え、便秘の解消に効果的だと言われています。

梅とはちみつは、最強の組み合わせですね

出来上がった梅はちみつは、水やお酒で割って頂きます

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す