髪の毛にもよい小豆

現代では、お祝事のときは赤飯を炊きますね

しかし、江戸時代では凶事の際に炊かれたのが赤飯だったとか・・・

これは、小豆の真っ赤な色が、厄除けや魔除けの力を秘めていると信じられていたからだそうです。

また、小豆は弥生時代に中国から解毒の薬として伝わったとされています。

小豆の最大の特長は、ポリフェノールが多いこと

つまり、抗酸化力が高いことです。

ポリフェノールといえば、赤ワインですが、小豆はそれよりはるかに多く含んでいます。

小豆に含まれるサポニンという成分は、血栓を取り除いてくれ、また血液中の老廃物の排泄を促すカリウムなども豊富に含まれています。

そして、小豆の食物繊維は、とても豊富で、便秘解消には非常に優れた食材

高い利尿効果があり、浮腫みに有効であるとされています。

小豆には、玄米に近い量のビタミンB1が含まれているので、髪の毛にとっても非常によい食材とされています。

夏の傷んだ髪の毛や、治療等で髪の毛が気になる方は、小豆を摂ってみるのも良いですね

甘いものが食べたいときは、小豆を使ったスイーツをおススメします

安心安全な小豆を使いたいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す