がんはまず今までの思考癖を治すことからことからこ

ガンの自然療法には、温熱、食事療法、健康食品など様々なものがあります。

これらの療法以上に大切なことは、思考を変えることです。

なぜなら、ガンは、自分の思考癖や生き方がつくった病だからです。

【常に揺れ動く思考癖】

感情だけ、今の苦しさを穴埋めするために療法を選んでいる人は失敗します。

その時、その時でころころと変わります。

瞬間、瞬間で自分に必要と思うものや療法が変わる人です。

新しいものが目に入れば気持ちが揺らぎ、のり移るので数カ月ごとにまた、振り出しに戻るを繰り返している人がいます。

【他人と比較する思考癖】

治った人のやり方、意見を参考にすることは希望となり、良いことですが、いつしか希望が執着に変化してしまう方が多いです。

あの人はこれで治ったのに、なぜ私は治らないのか・・・

みんな検査はしているのか、していないのか・・・

常に他人が気になり、それにより自分自身を振り回してしまいます。

自分と他人は違います。

それどころか、他人と比較をすればするほど、上手くいかない自分に落ち込んだり、不安になったりと心がブレてきます。

【結果を先に求める思考癖】

何年もかけてつくったガンですから、時間がかかるのは当たり前のことです。

しかし、結果を先に求めてしまったり、結果を先に想定してしまい、盛り上がったり落ち込んだりしてしまいがちです。

心と体の自助努力を重ねた後に、結果はついてきます。

上手くいかない時には、上手くいかない理由があるのです。

投げかけた心や行動だけが、結果として返ってきます。

ガンなおしは、思考癖の見直し、生き方の見直しが軸になります。

そのサポート役に温熱、食事療法、健康食品があるのです。

壁にぶつかり、光が見えたり消えたりと繰り返すこともあるでしょう。

情報に振り回され、浮気をしたくなり心がブレることもあるでしょう。

焦りが欲になり、信念を狂わし、直感をも鈍らせてしまいます。

絶対に焦らないこと

自分が信じたとこをコツコツと続けること

揺るがない信念が大切です。

自分の愚かさにもう一度目を向け、自ら選んだ道をまたコツコツと実践していくのみです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生き方を変えてがんの道からの脱出を・・・

うちの家は、がんの家系だから・・・


以前、私がよく言っていました。

 

自分が、がんになったのも家系のせいにしていたのです。


しかし、こんな生き方が癌をつくると・・・・

 

気付いた時、まさに自分の生き方が、がんをつくったと思いました。


もっと早く知っていれば、なっていなかったと思います。


今からでも遅くありません、がんを癒すことも可能です。


知って頂きたい、そして知ったら変えて頂きたい

がんに苦しむ人が増えないことを願っています。


がんになりやすい人は・・・頑張り過ぎる人


がんになりやすい人は・・・無理して自分をつくる人


がんになりやすい人は・・・心配性、不安症の人


がんになりやすい人は・・・心から楽しめない人


がんになりやすい人は・・・夜更かしをする人


そして長い時間働き、睡眠不足など・・・

肉体的に頑張り過ぎている人


肉体的な疲労が原因で癌になる傾向が強いのは、やはり男性が多いようです。

 

しかし最近は、働く女性も増えたことから、がんになる女性も増えています。


労働中は、交感神経が緊張状態です。


しっかりと体をやすめ、バランスがとれていれば良いのですが、長い時間働き、休息時間がなくなると交感神経も働きっぱなしになります。

 

休む間もなく仕事をする人は、食事をゆっくり摂る時間も無く、流し込むような食事になっていませんか?


また、お付き合いでお酒を飲んだり、肉や油もの中心の外食になりがちですね。


過酷な生き方

頑張り過ぎる生き方

交感神経が緊張状態のときには、肉など油ものを自然と体が求めます。


これは、瞬間的にエネルギー補給を必要とするからです。



『〇○し過ぎは、がんの道』


人に合わせたり➡誰かのために自分を犠牲にしたり➡無理して自分をつくる人


嫌われたくない➡断ることが出来ない➡人から見られる自分がとても気になる人


自分より家族が優先➡自分のために時間やお金を使わない➡自分を置き去りにして生きてきた人



女性にありがちな生き方ですね

 

私自身もそうでした。


人に好かれたい➡必要とされたいという心が無理な自分をつくり➡交感神経が常に働いている状態になります。


『不自然な自分は、がんの道』


マイナスに考えることが当たり前、必要以上に心配をし、常に不安を持って生きている人


マイナスの思考は➡全身の氣が滞ってしまいます。


氣が滞ると➡血液の流れも悪くなり➡体温が低下します。



『マイナス思考は、がんの道』


夫婦の問題、夫の両親との問題、金銭的問題が常につきまとい、何をやっても心から楽しむことが出来ない人


主婦でがんになる人は、このケースが多いのです。


心の闇は、体に大きな負担をかけ、心のしこりは、体のしこりとなります。



『笑わないのは、がんの道』


遅くまで仕事、テレビ、ネット・・・夜更かしをしていると正常に細胞がつくれなくなります。


細胞が修復される時間は➡人間は寝るようになっています。


癌細胞を正常細胞に修復するのも➡夜の時間です。


『夜型生活は、がんの道』


私の生き方は、まさにがんの道を歩んできました。

 

そして気付き、がんが治癒する生き方に変えたのです。

 

思い当たるところがありませんか?


がんの道から脱出することから始まります。


がんは、無理をした結果、負担をかけてしまった場所に発生します。


なぜ、この部位にがんが出来たのか・・・

考えてみると原因がもっと見つかるかも・・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

不安の中に眠るものとは・・・

『寂しい自分・出来ない自分』

そんな自分を受け入れてみませんか!?

幸せな人は、みんな前向きで、いつも明るく、周りにいっぱい人がいて

そんな風に思ったりしますよね

その人たちは、本当にいつも前向きなのでしょうか

同じように、出来ない自分に悩んだり、人が羨ましく見えたり、前に踏み出せない自分が嫌になったりしてきたはずです。

それなのに幸せになれたのなぜでしょう・・・

寂しい自分、出来ない自分をすべて受け入れよう!と気付いたからです

認めたくないけど、認めちゃう

自分をごまかさない、だまさない

しなければならないという自分の常識にとらわれない

これが幸せになるこつですね

幸せドキドキ健康は自分でつくるもの

不安のなかに眠る 【豊かな人生への鍵】 を早く見つけていきましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

感性で健康体を手に入れる

悩み過ぎ、考え過ぎは病気をつくります。

知識の詰め過ぎも命を縮めます。

知識は必要ですが、頭で考えてしまうと、人間としての本来の治癒力や個人の性質が失われていきます。

ガンになると 多くの方がたくさんの書物を読もうとします。

しかし、正反対のことが書いてあるものを目にすれば、迷いが出てきます。

当然、ガンに対する見解も全く違います。

読みすぎると何が正しいのか、間違っているのか、わからなくなり悩みや不安が増えてしまいます。

悩み、考え過ぎは、頭に血が上り、ミトコンドリアの多い脳に負担をかけてしまいます。

すると、手足が冷たくなり、頭熱足寒になってしまいます。

これがそもそも病気の道ですね。

そして、考え過ぎは、直感や感性を失います。

ガンなおしには、感性が必要

何が良いのか悪のかは、自分の心と体で感じる感覚を受け取るしかないのです。

何といっても、悩み過ぎ、考え過ぎは体に大きなストレスをかけてしまいます。

「○○しなくてはならない」 の考え方から、心と体が心地よく感じる生き方にシフトしてみてはどうでしょう。

すると、今まで義務的にしてきたことが、自然に出来るようになりストレスも感じなくなります。

悩み、考え過ぎたら、外に出て体を動かしてみる

自然の中で過ごすと、感性もどんどん磨かれていきます。

感性を磨くことがガンなおしの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんと戦わず心と体を綺麗にする

有名人の乳ガン・・・世間は騒ぎます。

同じように乳ガンを患っている方にとっては、胸が痛い、きついニュ―スだと思います。

不安や恐怖心が強くなり、体に悪い影響を与えないことを願っています。

増え続ける若い女性の乳ガン

マンモグラフィ検査の普及のよって、見つけられるガンも増えたからでしょう。

しかし、逆に見つけなくてよいものもあったかもしれません・・・

見つかれば、治療が開始されます。

手術、放射線、抗ガン剤、ホルモン剤・・・

乳ガンは今では、3大治療ではなく、ホルモン療法が加わり4大治療が多くされています。

しかし、残念ながら再発転移をする人が後を絶たないのが現状です。

選択肢があることを知らなければ、当たり前に治療を受けるでしょう。

そもそも免疫が低いから、ガンが出来たのですから、そんな人に免疫細胞を破壊するような抗ガン剤を使えば、さらに免疫は無くなってしまいます。

血液が汚れているから、ガンが出来たのですから、そんな人に血液を汚す抗ガン剤を使えば、さらに血液を汚してしまいます。

活性酸素が異常に多いから、ガンが出来たのですから、そんな人に活性酸素を大量に生む抗ガン剤を使えば、さらに活性酸素で細胞は傷つけられます。

自ら再発転移をする条件をさらに揃えてしまっているわけです。

抗ガン剤によって、2次発ガンが起きることは想定内

副作用で体力も気力もなくなり、心身ともに弱り切る姿は見ていてもたまりませんね・・・

それでも元気になれるのなら、ひとときの辛抱と思いますが、弱り切った体にはさまざまな障害が出てきます。

何より治療中の疲れ切った姿は、女性にとってはとてもつらく、心をさらにむしばんでしまいます。

心身共に美しくなるガンなおし、という選択があっても良いのではないでしょうか・・・

ガンは、自分でつくった病です。

心と体が疲れた結果、ガンという塊をつくったのです。

だから、ガンと闘うのではなく、心と体をキレイにしてガンを癒してあげることが大切だと思います。

そんな、ガンなおしであって欲しいとせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

根菜で解毒、がん民間療法

夏になると不足しがちな根菜類

大根、ごぼう、レンコン、里芋などは食物繊維も非常に多く、ビタミン、ミネラルも優れているので代謝を促し、体内の毒素を排出してくれる働きが抜群です。

また放射能の解毒に効果的といわれています。

なかでも里芋は、解毒効果が高く、癌の民間療法でも欠かせない食品です。

里芋に含まれるムチンというヌメリの物質が、肝臓や腎臓の働きを助け、補益するともいわれています。

これらの性質を利用したのが、里芋パスタ(湿布)です。

【里芋パスタ】

里芋・・・適宜
生姜・・・里芋の1割
小麦粉・・・里芋と同量
自然塩・・・少々
ゴマ油・・・少々
ガーゼ

里芋は、厚めに皮を剥きます。

皮を剥いた里芋をすりおろし、生姜もすりおろして混ぜます。

その中に、自然塩を少々入れ、混ぜ合わせます。

最後に、里芋と同じ分量の小麦粉を少しずつ加えながらしっかりこねます。

目安は、耳たぶの軟らかさです。

ガーゼなどの布の上に、練った里芋を厚さ1センチくらいでのばしていきます。

体に貼り付けた時に、里芋が広がってもいい様にガーゼの上下左右3センチはあけておく方が良いですね。

患部に、里芋面を当てて貼り付けます。

* かぶれやすい人は、あらかじめ患部にゴマ油を塗っておきます。

* それでも赤くなったり、痒くなる人は小麦粉の量を2倍にしてみると良いでしょう。

この状態で4時間、里芋湿布の効果が保たれます。

里芋湿布の前に、生姜湿布で血行を良くしてから行うのが基本です。

湿布が冷たく感じるようであれば、カイロを上に貼るなど工夫するといいですね。

がん治しは、手間と時間、毎日の自助努力が必要です。

癌は全身の血液の汚れを一ヶ所に集めた毒素の塊

しっかり解毒するしかないのです。

里芋パスタの前には生姜湿布をしてくださいね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

トウモロコシは髭も使えます

トウモロコシの 『ひげ』

どうしていますか?

ほとんどの方が、皮と一緒に捨ててしまっている 『ひげ』

トウモロコシのひげは、意外にも、昔から漢方薬の材料として使われています。

おうちでも、トウモロコシのひげ茶をつくってみませんか!?

まずは、トウモロコシのひげを、綺麗に洗って天日に干します

茶色っぽくなってきたらOK!

後は、お茶パックなどに入れて、煮出します

トウモロコシのひげ茶は、利尿作用があり、むくみ改善や老廃物排出の効果もあります。

そして、女性に嬉しい・・・

生理前のイライラや不安な気分の緩和させてくれる効果があるそうですよ

野菜は、やはり自然農法が安心ですよ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分に合ったスローエクササイズ

運動が苦手な人でも出来るゆっくりとした動きのスローエクササイズ

ゆっくりとした筋肉運動は、成長ホルモンを出し、血圧や血糖値を下げてくれます。

成長ホルモンとは、若返りのホルモンです.

ゆっくりとした筋肉運動は座ったままでも出来ます。

数秒間、筋肉にグッと力を入れる

椅子に座って足を床と水平に持ち上げる

数秒間、肛門に力を入れグッとしめる

1日1回するだけでも随分ちがいます。

筋肉の衰えは生命活動を弱めてしまいます。

自分の体、体調に合ったスローエクササイズを楽しみましょう.

筋肉は使わなければ退化します。

使うことで成長ホルモンが分泌され、自然治癒力も高まってきます

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

お墓参りで感謝とお詫びを

毎週恒例のお墓参り&大掃除

この何年も私たち夫婦の共同作業のひとつになっています

というより、ご先祖様あっての私たちですから両家のお墓参りは欠かせません

ガンになってからずっと続けてきたことですが、最初は私を守ってくださるご先祖様にただただ感謝の気持ちをお伝えするためのお墓参りでした。

ですが、相対ということに気付かされました。

世の中には、陰陽、上下、左右があるように、感謝だけでなくお詫びも必要だと改めて気付きを頂いたのです

私たちは気付かぬところで罪を犯しながら生きているのですね・・・

でもこうやって、ご先祖様に夫婦でお詫びができるって有難いことだな・・・とつくづく思います

お掃除をすると本当に気持ちいい

キレイに磨き、拭き、お花を生けるとお墓ってとても美しい

美しいものを見ると心があらわれますね

この瞬間がたまらなく好きです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

青じそジュースの役目

赤しそ

梅干しに漬けた後の赤じそは、陰干しにしたあと、小さく砕いてゆかりとしても頂けます。

カロテンの多さでいえば、野菜の中でもトップクラスと言われている赤じそ

葉の栄養価がとても高く、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、B2、Cが豊富に含まれています。

実は、しそには、神経を鎮めてくれる働きもあります。

しそを陰干ししたものを、お茶のように煎じて飲むと、イライラを抑えてくれ、精神安定に良いとされています。

私も子どものとき、夏休みに、母が作ってくれた赤じそのジュースを飲んでいました。

食中毒などを起こしやすいこの季節

しその香り成分であるぺリアルデヒドが防腐・殺菌作用を発揮してくれます。

そして、食欲がなくなる季節ですが、このしその香りが胃液の分泌を促し、胃腸も整えてくれます。

旬のものって意味があるのですね・・・

しそジュースの作り方

<材料>

・赤じその葉 約500グラム
・はちみつ 800から1000グラム
・クエン酸 約30グラム
・水 2.5リットル

クエン酸の代わりにお酢を使っても良いです。

<作り方>

赤じその葉をよく洗い、水分をよくきってから、沸騰させた水のなかに入れ、5分ほどき煮ます。

煮たら、ザルで濾します。

そのなかに、クエン酸とはちみつを入れて混ぜ、完成

あとは、冷めるのを待って、消毒をした容器に移し替えます。

そのまま飲んでも、お酒や炭酸で割っても良し

健康ジュースですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)