断食でがんのアポトーシス(がんの自殺)

断食は万病を治す妙法です。

この言葉が随分浸透してきたように思います。

目的は、胃腸、細胞、心のリセット

そして、毒素の排出です。

断食でガンや様々な難病、アトピー、花粉症、腎臓、肝臓病など、断食で改善された報告は多くあげられています。

逆を言えば、食べ過ぎてこれらの病気をつくったということです。

『腹八分で医者いらず』

『腹六分で老いを忘れる』

『腹四分で神に近づき悟りを開く』

これは、心身ともにもっとも調和のとれた状態ということです。

日々の食事は、想像以上に消化吸収にエネルギーを消費しています。

消化吸収にエネルギーを使いすぎてしまい、本来、働くべく免疫力、治癒力、排毒力にエネルギーがまわせず、病気が起きてしまいます。

断食は、免疫力、治癒力、排毒力にエネルギーを集中させるのです。

集中することで、細胞レベルでの排毒をし、体質の改善へと繋がっていきます。

断食で空腹になると、いわゆる飢餓状態と感知した体は、これは危険だと察知し、生命力にスイッチが入ります。

スイッチが入った体は、免疫細胞をどんどん増やし、自然治癒力が高まります。

NK細胞は空腹の時に活性化する

ガンは血液の汚れから起きた病気です。

食べ過ぎで血液を汚し、宿便を溜めています。

宿便は、怖ろしい老廃物であり、宿便の毒素は全身に広がり、やがてガンや膠原病、アレルギーなどの病気を引き起こす原因になります。

宿便の排出は、断食で最も期待したい働きと言えるでしょう。

そして、毎日働き詰めの胃腸に休息を与え、腸内細菌を増やしてくれます。

ただし、断食は断食終了後の復食期が大切です。

3日間の断食なら最低3日間の復食期間が必要です。

いきなり通常の食事にすることの無いよう、お粥からゆっくり始めることが大切です。

倦怠感、頭痛などのつらい好転反応を防ぐには、無理のない自分に合った方法で行うと良いでしょう。

ガンの原因にもなる活性酸素

断食は、活性酸素とも関係しています。

朝食抜きのプチ断食では、酸素消費量が13%も減るという実験結果も出ているそうです。

つまり、活性酸素の排出量が抑えられるということですね。

活性酸素を除去する物質を摂りながら断食をすると、ガンのアポトーシス(自殺)が期待できます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

水菜の栄養効果

水菜は癖もあまりなく食べやすい野菜ですね

シャキシャキと歯触りも良く、鍋によくつかわれる野菜です

水菜は、β-カロチンが豊富なことから、抗ガン作用や免疫賦活作用で知られています。

βカロテンをはじめ、水菜に含まれるビタミンC、ビタミンEは抗酸化性があり、活性酸素を消去することで、動脈硬化の予防をしてくれます。

そして、血栓予防で心筋梗塞、脳梗塞のリスク軽減効果があります。

また、食物繊維も多く、腸内環境を整え、グルコシノレートという成分が解毒機能を強化し、便秘の解消や、大腸がんの予防、美肌にも良いですね

カルシウムも多いのでお年寄りや子ども達には抜群の野菜です。

殺菌効果もあり、肉や魚と一緒に調理すると臭みが消えます

風邪の時にも水菜の殺菌作用と栄養は役立ちそうですね

抗ガン剤後の髪の健康のためにも水菜はおススメです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しには、お天道様の光を

体を動かすためのエネルギーをつくるシステムを間違って使っているとガンになりやすくなります。

このシステムは、ミトコンドリア系と解糖系という2種類のものがあるのですが、年齢によってどちらを主に使うかが変わってきます。

システムの使い方によって体の状態や免疫力が変わってきます。

20歳までは、瞬発力、細胞分裂をする解糖系

20歳から40代までは、解糖系メインでありながらも、2つのシステムを調和させながら生きる時期

50代になると更年期に伴い、エネルギー生成を解糖系からミトコンドリア系に切り替えていきます。

ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑え、ガン細胞の分裂も抑えます。

ですから、ガンになったらミトコンドリア系を優位にし、細胞分裂を抑えていくことが理想です。

ミトコンドリアを活性化するためには、体を温めることに加え、お天道様の光が必要です。

今や、紫外線は嫌われる存在になりましたが、これも女性のガンが増えた原因かもしれませんね。

しかし、ガンになったことで、さらに家のなかにこもってしまう方も少なくありません。

これが負のスパイラルの入り口です。

植物と同じで、人間も紫外線がないと生命力が活性化されません。

日の当たらない暗い部屋にいるより、お日様の光がサンサンと降り注ぐ明るい部屋の方が気持ちも明るくなります。

散歩に出掛け、お天道様の光をいっぱい浴びると、体も心もぽかぽかになりますね。

この時がミトコンドリアが喜んでいる瞬間です。

こんな素晴らしいお役目をして下さっているお天道様には心から感謝ですね。

太陽は神として祀られ、お天道様やお日様と呼ばれています。

やはり、それなりの理由がありますね。

しっかりとお天道様の光を頂いて、心も体も活性化していきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

対処療法だけに頼らない生き方・・・再発転移を防ぐ

同じがんの治療法であっても選択する療法によって変わってきます。

 

大きく分類すれば、対症療法と原因療法です。


対症療法とは、表面的な症状の改善、もしくは緩和を目的とする治療法をいいます。


表面に表れた症状に対応することであり、根本を解決するものとは違います。


原因療法とは、原因そのものを改善する治療法をいいます。


病気になった原因を取り除くことで、症状を消失させていきます。


それぞれ、2つの療法はそれぞれ得意とする分野が違います。

 

目の前の症状を改善するには、薬剤を使う対症療法が得意な分野です。

 

痛みを止める、出血を止める、咳を止める・・・など

 

がんの療法でいえば、手術、放射線、抗がん剤です。

 

目の前の症状を抑え込む方法です。

 

ですが、痛みや目の前の腫瘍は治まったとしても、痛みの原因、腫瘍の原因がある以上は、やがて再発してしまいます。

 

その場しのぎ治療をしても、また同じことの繰り返しになり、それでは悲しすぎます。

 

がんをもとから治すには、やはり原因療法が必要です。

 

対症療法と原因療法は相反するものになります。


がんになるまでは、私も対症療法だけに頼り切っていました。


咳が出れば、咳止め


頭が痛ければ、頭痛薬


便秘をすれば、下剤


血圧が高ければ、降圧剤


病気を治している訳ではありません。

表面に出た症状を抑え込んでいるだけだったのです。

 

それどころか使った薬剤は体内に蓄積され、私の体内は毒素でいっぱいになっていました。

 

これも、がんになった原因のひとつ。


頭が痛い原因を取り除かず➡痛みだけを抑えたのでは➡また頭痛は起きてしまいます。


頭痛が起きる原因は何なのか・・・


体の冷えからくる血流障害から起きていたり、ストレスから交感神経が過剰になり酸素が少なくなって起きていることも


がんも同じ。

 

がんになった原因を取り除かない限り➡いくら癌を取り除いても➡再発転移が起きてしまうのです。

 

がんになった原因は何なのか・・・

 

これらの原因を取り除いていくこと・・・

ならば、本当の健康なからだを手に入れることが出来るのです。


自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんはまず今までの思考癖を治すことからことからこ

ガンの自然療法には、温熱、食事療法、健康食品など様々なものがあります。

これらの療法以上に大切なことは、思考を変えることです。

なぜなら、ガンは、自分の思考癖や生き方がつくった病だからです。

【常に揺れ動く思考癖】

感情だけ、今の苦しさを穴埋めするために療法を選んでいる人は失敗します。

その時、その時でころころと変わります。

瞬間、瞬間で自分に必要と思うものや療法が変わる人です。

新しいものが目に入れば気持ちが揺らぎ、のり移るので数カ月ごとにまた、振り出しに戻るを繰り返している人がいます。

【他人と比較する思考癖】

治った人のやり方、意見を参考にすることは希望となり、良いことですが、いつしか希望が執着に変化してしまう方が多いです。

あの人はこれで治ったのに、なぜ私は治らないのか・・・

みんな検査はしているのか、していないのか・・・

常に他人が気になり、それにより自分自身を振り回してしまいます。

自分と他人は違います。

それどころか、他人と比較をすればするほど、上手くいかない自分に落ち込んだり、不安になったりと心がブレてきます。

【結果を先に求める思考癖】

何年もかけてつくったガンですから、時間がかかるのは当たり前のことです。

しかし、結果を先に求めてしまったり、結果を先に想定してしまい、盛り上がったり落ち込んだりしてしまいがちです。

心と体の自助努力を重ねた後に、結果はついてきます。

上手くいかない時には、上手くいかない理由があるのです。

投げかけた心や行動だけが、結果として返ってきます。

ガンなおしは、思考癖の見直し、生き方の見直しが軸になります。

そのサポート役に温熱、食事療法、健康食品があるのです。

壁にぶつかり、光が見えたり消えたりと繰り返すこともあるでしょう。

情報に振り回され、浮気をしたくなり心がブレることもあるでしょう。

焦りが欲になり、信念を狂わし、直感をも鈍らせてしまいます。

絶対に焦らないこと

自分が信じたとこをコツコツと続けること

揺るがない信念が大切です。

自分の愚かさにもう一度目を向け、自ら選んだ道をまたコツコツと実践していくのみです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

手足のほてりは体の冷えのサイン

手足が温かく感じることと、手足のほてりは違います。


手のひらが赤い人、体温が低いのに手足がほてる人、それは、体の熱が手足を通して外に逃げています。


からだが冷えていませんか?


生理不順・痔・下肢静脈瘤(血管のぼこぼこ)や浮腫みがある人は、からだが冷えている傾向があります。


下半身が冷えていませんか?

 

冷えから体温低下が起きると➡臓器の働きが悪くなり➡細胞、すべての代謝が悪くなります。


そして静脈の小さな毛細血管の流れが滞ります。

そして、その影響でさまざまな症状が起きてきます。


神経痛や肩凝り、頭痛、動悸など・・・


とくに女性に多いのです。


その原因は、運動不足が多いと言われています。


とくの足腰の運動不足です。


運動をして、足が温まると血流が上がります。


足は心臓から距離があるため、血液を送るために、ポンプの働きをふくらはぎがしてくれています。


足の筋肉が衰えると➡ポンプの機能が低下し➡血液が隅々まで運ばれなくなりますので、ポンプ役の下半身の筋肉を鍛えることが大切です。


筋肉が鍛えられると➡血流も良くなり体温➡上がっていきます。


血流がよくなれば➡体の毒素は下半身に移動➡体の外へ排出されやすくなります。


歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみると良いですね。

 

とくにがんの人は➡体温が低く➡血流も悪く➡浄化機能が衰えがちです。


運動±湯舟のなかでふくらはぎをマッサージするなども良いでしょう。


この冷えを見逃してしまうと➡がん以外にも心筋梗塞や脳梗塞など➡一瞬で命を奪うようなことにも・・・


気付いたら改善していきたいものです

 

私は運動をする前もしくは、入浴前にプロポリスを飲んでいます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生命の根源を知り新たな価値観を持つ

私たち人間は、生命の根源である 「ホメオスタシス」 によって生かされています。

体に異変が起きれば、治そうとする力が働きます。

擦り傷をすれば、かさぶたが出来て、皮膚が再生される

正常な状態を保とうとする働き

これが自然治癒力です。

ウイルスや菌が体内に侵入してくれば、発熱、咳、鼻水といった症状でウイルスや菌を外へ出そうとします。

私たちは皆、1日に数千個~数万個のガン細胞が生まれてきています。

ガン細胞が出現してくると、体を正常に保とうとするホメオスタシスが働き、ガン細胞を正常細胞に戻していくのです。

ホメオスタシスが正常に働かないとガン細胞が増え続け、やがて塊となって表面にあらわれてきます。

本来は人は皆、自然治癒力を持ち備えています。

医学の父 ヒポクラテスの有名な言葉

「ひとは、体の中に100人の名医を持っている」

この名医とは、自然治癒力のことですね。

治癒力を活かすのは自分

なおすのも自分自身であるということです。

自然治癒力をしっかりと活かしていれば、ガンになることはないのです。

自分のなかの100人の名医(自然治癒力)を活かす生き方をしてみてはどうでしょうか。

眠っている自然治癒力を働かせるには、ライフスタイルを変えること

新たなライフスタイルの構築で、本来持つ自然治癒力を最大限活かすことが出来るのです。

生命の根源はホメオスタシスにある

そこに気付けば、ガンに対する新しい価値観も生まれてきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生き方を変えてがんの道からの脱出を・・・

うちの家は、がんの家系だから・・・


以前、私がよく言っていました。

 

自分が、がんになったのも家系のせいにしていたのです。


しかし、こんな生き方が癌をつくると・・・・

 

気付いた時、まさに自分の生き方が、がんをつくったと思いました。


もっと早く知っていれば、なっていなかったと思います。


今からでも遅くありません、がんを癒すことも可能です。


知って頂きたい、そして知ったら変えて頂きたい

がんに苦しむ人が増えないことを願っています。


がんになりやすい人は・・・頑張り過ぎる人


がんになりやすい人は・・・無理して自分をつくる人


がんになりやすい人は・・・心配性、不安症の人


がんになりやすい人は・・・心から楽しめない人


がんになりやすい人は・・・夜更かしをする人


そして長い時間働き、睡眠不足など・・・

肉体的に頑張り過ぎている人


肉体的な疲労が原因で癌になる傾向が強いのは、やはり男性が多いようです。

 

しかし最近は、働く女性も増えたことから、がんになる女性も増えています。


労働中は、交感神経が緊張状態です。


しっかりと体をやすめ、バランスがとれていれば良いのですが、長い時間働き、休息時間がなくなると交感神経も働きっぱなしになります。

 

休む間もなく仕事をする人は、食事をゆっくり摂る時間も無く、流し込むような食事になっていませんか?


また、お付き合いでお酒を飲んだり、肉や油もの中心の外食になりがちですね。


過酷な生き方

頑張り過ぎる生き方

交感神経が緊張状態のときには、肉など油ものを自然と体が求めます。


これは、瞬間的にエネルギー補給を必要とするからです。



『〇○し過ぎは、がんの道』


人に合わせたり➡誰かのために自分を犠牲にしたり➡無理して自分をつくる人


嫌われたくない➡断ることが出来ない➡人から見られる自分がとても気になる人


自分より家族が優先➡自分のために時間やお金を使わない➡自分を置き去りにして生きてきた人



女性にありがちな生き方ですね

 

私自身もそうでした。


人に好かれたい➡必要とされたいという心が無理な自分をつくり➡交感神経が常に働いている状態になります。


『不自然な自分は、がんの道』


マイナスに考えることが当たり前、必要以上に心配をし、常に不安を持って生きている人


マイナスの思考は➡全身の氣が滞ってしまいます。


氣が滞ると➡血液の流れも悪くなり➡体温が低下します。



『マイナス思考は、がんの道』


夫婦の問題、夫の両親との問題、金銭的問題が常につきまとい、何をやっても心から楽しむことが出来ない人


主婦でがんになる人は、このケースが多いのです。


心の闇は、体に大きな負担をかけ、心のしこりは、体のしこりとなります。



『笑わないのは、がんの道』


遅くまで仕事、テレビ、ネット・・・夜更かしをしていると正常に細胞がつくれなくなります。


細胞が修復される時間は➡人間は寝るようになっています。


癌細胞を正常細胞に修復するのも➡夜の時間です。


『夜型生活は、がんの道』


私の生き方は、まさにがんの道を歩んできました。

 

そして気付き、がんが治癒する生き方に変えたのです。

 

思い当たるところがありませんか?


がんの道から脱出することから始まります。


がんは、無理をした結果、負担をかけてしまった場所に発生します。


なぜ、この部位にがんが出来たのか・・・

考えてみると原因がもっと見つかるかも・・・・

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

不安の中に眠るものとは・・・

『寂しい自分・出来ない自分』

そんな自分を受け入れてみませんか!?

幸せな人は、みんな前向きで、いつも明るく、周りにいっぱい人がいて

そんな風に思ったりしますよね

その人たちは、本当にいつも前向きなのでしょうか

同じように、出来ない自分に悩んだり、人が羨ましく見えたり、前に踏み出せない自分が嫌になったりしてきたはずです。

それなのに幸せになれたのなぜでしょう・・・

寂しい自分、出来ない自分をすべて受け入れよう!と気付いたからです

認めたくないけど、認めちゃう

自分をごまかさない、だまさない

しなければならないという自分の常識にとらわれない

これが幸せになるこつですね

幸せドキドキ健康は自分でつくるもの

不安のなかに眠る 【豊かな人生への鍵】 を早く見つけていきましょう

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは生き方治し・がんの原因を取り除く

自分が癌だと知った途端、急に病人のようになる方も少なくありません。

2人に1人が癌になる時代

いざその時が訪れると恐怖や不安に襲われ、冷静に受け止めることが出来ないものです。

これは単純に、「癌は命を奪う怖ろしい病だ」 と思いこんでいるからではないでしょうか・・・

このように潜在意識のなかにしっかりと刻み込まれた情報

実際に癌で命を落としている人が非常に多いのも事実です。

ただ、この命を落とした原因が本当に癌でなのか、それとも違うものなのか・・・

ひと昔前までは、一般の人は知る由もなかったことです。

しかし、時代と共に明らかになってきました。

実は、癌そのもので命を落とす人は2割、あとの8割は治療による免疫力低下によって起きる感染症で命を落としているのです。

いざ癌になったとき、このようなことを突然聞かされて、素直に聞くことが出来るでしょうか・・・

医師から「治療しなければ進行しますよ」 と言われるなかで、始めて聞いたことを迷いなく選択して、治療はしないと決めることが出来るでしょうか・・・

癌を他人ごとと思わず、三大療法の是非を知っておけば慌てず恐れず選択することが出来ます。

癌は怖ろしい病だと思っていれば、自分が癌宣告を受けただけで免疫力が落ちてしまいます。

癌といわれると誰でも気分が滅入ってしまい、ショックで心のなかは鬱状態になります。

その状態が長くなればなるほど、免疫力は落ち、自力で癌を治すことが出来ず、再発転移をしやすくなります。

癌になる前から、癌は怖くないことを知っていれば恐怖心や不安も減り、免疫力が低下しなくてすみます。

まず、癌になったらするべきこと

癌になった原因を知り、原因を取り除くことを始めることです。

手術は、出来上がった塊を取り除くことだけです。

原因がある以上、原因を解決しない限り、塊はまた簡単に出来てしまいます。

抗ガン剤、放射線も同じです。

免疫力が弱っているから癌が出来るのです。

それなのに免疫力を落とすようなことをすれば再発や転移をするのは当然のこと

結局は、癌は自分で治すしかないのです。

免疫力は、年齢とともに低下します。

当然、年齢と共に癌は出来やすくなります。

40代の免疫力は20代に半分と言われています。

ストレスが強い人、薬を飲むことが多い人、寝不足、栄養の偏り、運動不足・・・

このような人は、さらに免疫力が低下しています。

免疫力をあげていくには、生き方を見直していくしかないのです。

つまり、がん治しとは生き方なおしなのです。

ストレスが強い人は、ストレスをつくらない生き方に変える

心の持ち方でストレスは軽減できます。

悪いことであっても必要だから起きていることと捉える

おおらかな心で笑って過ごす

これも生き方なおし、がん治しの訓練です。

薬で癌を根本から治すことは出来ない

治すことが出来るのは、自分自身の免疫力・自然治癒力です。

命を無駄に落とすことがないよう、ひとりでも多くの方が気付かれるよう願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)