ほうれん草とゴマで便秘解消

多くの女性が悩んでいる便秘

何をやってもダメだと言われる方も…

例えば、ほうれん草にゴマやゴマ油など組み合わせを考えて試してみるのもいいですね

ほうれん草は、ヨーロッパでは「胃腸のほうき」とも呼ばれています。

呼び名の通り、ほうれん草は不溶性食物繊維が多く、腸の老廃物を巻き込みながら腸壁を刺激して排便を促進してくれます。

しかも、不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむので満腹感がありダイエットには最適ですね

ほうれん草の食物繊維はキャベツの2倍以上あり、ごぼう並みの食物繊維豊富な野菜です。

同時にカリウムも非常に多く、 なんとウリ科野菜の3倍

これは、余分な水分の排泄を促してくれるのでむくみの解消になります。

ほうれん草は女性の悩みに活躍してくれる野菜ですね

ほうれん草とリンゴ、レモンを加えた生ジュースを朝飲むと便秘解消にとても効果的ですよ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す