突然がんが消えた人の生き方

がんを克服する人・出来ない人


がんと上手に共生する人・出来ない人


がんを自然退縮させる人・出来ない人

 

違いに共通点があります。




元気になった人は、つらいことを抱えながらそれでも感謝の心が満ち溢れています。



・ありがとうございます

・おかげさまで

 この言葉がたくさん出る人



とても前向き、そして明るいエネルギーを感じます。

 

どんなときも、誰に対しても態度は変わらず、しっかりと自分をもっています。


決して最初から出来ていたわけではありません。

 

がんになったことで多くのことを悟り、反省

そして、新たな価値観で、人生をリセットされた人も・・・


一方、○○やったけど治らないと愚痴っている人➡すべて人のせい、物のせいにして生きていませんか?


自分の都合や感情で、善い人、悪い人、発する言葉もその度に大きく変わってしまう・・・

 

自分の都合で、周りを振り回していませんか?


がん療法も次々と変えていませんか?

 

最初は盛り上がってもすぐに終わる

そんな状態をを繰り返していませんか?

 

美味しいものに飛びつく

何をしても続かない、そんなな感覚です。

 

すべてが中途半端になり

お金も時間も勿体ないことになっています。

 

そこに気付かない限り

残念ながら治らないのです・・・


がんを治すには➡自分に責任を持ち➡魂から変わる


日々の生活のなかで心が揺さぶられることもあります。


しかし、魂からの信念があれば・・・

心は揺れても信念はぶれることはありません。


心を変えた人

生き方を変えた人は

がんになったことに感謝が出来ている人です。


すべては、自分のため、自分次第です。

 

ある日 突然 がんが消えた人・・・

 

日々、こつこつ続けてきたから起きる現象なのです。


 新たな価値観が構築されたとき

 

状況は好転するのです。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す