がん治しはバランスが大切

ガンになれば、副交感神経を優位にした方がいいと言われています。

これは、あくまでも優位という意味であって、副交感神経オンリーではありません。

人間は交感神経無しでは、人生の険しい山を乗り越えていくことは出来ません。

ゆるやかな山ばかりならいいですが、自然界でも険しい山もあり、ゆるやかな山があるのと同じで、人生も両方の山があります。

険しい山に遭遇したとき、危機を脱するために交感神経にスイッチが入ります。

山を超えたら、交感神経のスイッチを切り、副交感神経神経を使います。

こうやって、毎日の生活のなかでも繰り返しているのです。

しかし、副交感神経だけで生きていると、ゆるやかな山しか登れず、困難を乗り越えられない事態が起きてしまいます。

また交感神経のスイッチがオンのままだと緊張状態が続いてしまい、さまざまな問題が起きてしまいます。

つまり、このバランスが大切なのです。

病気は、交感神経、副交感神経の偏りから起こります。

ガンのなおしもバランスが大切です。

ガンに対する不安、恐怖がいつまでも続くと交感神経の過剰な緊張となり、顆粒球が急激に増え異常な活性酸素を出してしまい、ガンが良くなるどころか悪化へと導いてしまうのです。

なぜ、ガンになったのかを考え、反省したら原因を取り除いていくことからです。

おおらかな心と、自助努力

そして、ゆるがぬ信念

このバランスが大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す