悩み過ぎ、考え過ぎはがんを活性化させる

偏った生き方は、心と体に大きなストレスをかけ、ガンをつくります。

神経質過ぎ

悩み過ぎ

考え過ぎ

心配し過ぎ

ガンになった現在も、このような偏った生き方をしていませんか?

悩み過ぎ、心配し過ぎは、血行が悪くなり、体温が低下し、呼吸が浅くなります。

ガン細胞は、低体温、低酸素の環境を好みます。

ガンになった今でも、ガン細胞が活性化する環境を自らつくっていませんか?

宿主である私たちがこの環境を変えない限り、ガン細胞はどんどん増え、そのまま生き延び続
けます。

つねに不安に襲われ、小さなこと、ひとつひとつすべてが心配事に変わってしまう人がいます。

挙げ句には、他人のせい、物のせいになりがちです。

○○をしたから、こうなった気がする

○○をしたら・・・

いつも〇○を理由に悩む人・・・

それは、自分がやっていることに自信がない証拠

つまり、自分を信じていないということです。

ずっと悩み、考えることの方が体によくないことは、誰しもがわかること

不安があると、どんなに良い療法であってもプラスに働きません。

体に良いことをしていても、一方では、自らガンを増やす思考や行動をしているわけですから・・・

そして、不安が強い人に多い癖

いつも他人に答えを求めてしまう癖です。

これが、不安や悩みを増やす原因です。

他人に応えてもらうことで、ひとときは安心を得ることが出来るのでしょう・・・

しかし、それは決して自分の解決にはなっていません。

自分で納得できていないこと、また、違う人の意見を聞けば、またさらに悩み、不安が増えます。

ガンなおしは、腹を決めること

何かをする度に悩み、不安が襲ってきていたのでは、ガンなおしどころか、ガンを悪化させてしまいます。

ガンなおしにとって恐れは一番のやっかい者

そして、発する言葉が、その現実をつくっていくことを意識して頂けたら・・・と思います。

まずは、偏った生き方を見直すこと

他人に依存しない、他人に答えを求めない

悩み、考え過ぎは執着のあらわれ

手放して、体の声を聴ける自分になってみませんか・・・?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す