ぶれない信念と自助努力が自然治癒力を高める

1年前ガン宣告を受け、手術、放射線治療経を経て再発、今は耐えがたい痛みと闘っていらっしゃる方がいます。

あのとき、ちゃんとしておけば・・・自分が甘かった、と言われたのがとても印象的でした。

手術をして、放射線をしたらもう大丈夫!と思っていたそうです。

そして、時間がない、お金がないを理由にしてきた結果だと言われました。

自分のために時間やお金を使うことが勿体なかったそうです。

手術や放射線でガンは消滅すると簡単に思っていたことも今となっては愚かだったと気付かれたそうです。

再発は、最初の宣告より大きな心の傷となり、不安も増してきます。

私たちの肉体は常に精神と調和をとっています。

心と体は繋がっていますから、心が崩れると体も弱っていきます。

病気をなおすには、まずは心を整えることから

肉体と精神の調和が健康を意味するように、常に心身一体となり自然治癒力を高めていくのです。

不安は、自然治癒力を下げていきます。

そして、ぶれる心は治癒への道を遠ざけてしまいます。

自分を信じて、決めたことをコツコツと続けることが大切です。

ころころと気持ちが変わってしまう人、途中で止めてしまう人は、結果に結びつきにくい人です。

ぶれない信念とコツコツの自助努力が、自然治癒力を高めていくのです。

生命の根源は、自然治癒力という働きから成り立っていることを大切に考えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す