抗がん剤治の作用と副作用・二次発がん

乳ガンの方が泣きながらお電話をしてこられました。

癌が見つかり抗がん剤を治療を開始したそうです。

しかし、先月あたりから腫瘍はどんどん大きくなり、転移したそうです。

なぜだろうか・・・と思い調べてみたところ抗がん剤に震え後悔したそうです。

今となってはもう遅いかもしれないが、体から毒を出すことに専念するとのこと・・・

実は抗がん剤というものがどんなものでつくられているのか、彼女のように全く知らない方が多いのです。

食品を買うときには原材料を見て買うのに、薬だと原材料を見ないのがそもそもおかしな話ですね。

抗がん剤はマスタードガスを主原材料につくられています。

マスタードガスとは、第一次世界大戦で初めて使われた化学兵器です。

これは毒性が主の作用であり、この毒性の副作用でがんを攻撃するのです。

がんが死滅する前に、毒性によって本人の体が弱ってしまうのです。

免疫機能を失った体は、がんと共存できるだけの体力もなくなり、癌が増大してしまうのです。

抗がん剤の医療添付文書には「二次発癌」と書いてあります。

信じがたいことですね・・・

彼女は、自分の疑問に素直に従い、これに気付いたそうです。

がんは、毒素を溜め込んだことによって出来たものです。

そこに猛毒が入ってくれば、さらに癌は大きくなるのは当然です。

ましてや無防備に抗がん剤を受ければ、その確率は非常に高くなるのです。

抗がん剤を選ぶなら、万全な体制で挑む必要があります。

万全な体性をとっていないと、抗ガン剤投与と同時に免疫がづたづたにやられ、がんの増大どころか、あっという間に感染症で亡くなってしまうことがあるのです。

治療の選択は個人の自由です。

しかし、命を守るための選択ですから、人任せ、病院任せにしないこと

自分の体は自分で守れるよう、免疫を上げて万全な体性をとられることを願っています。

バランスのとれた栄養で体温を上げ、明るくおおらかな心で過ごす

日々の食事をより良く生かすため、生命エネルギーを高める食品をおススメします。

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す