生命エネルギーを入れるのも切るのも自分

ガンと聞いて恐怖を感じない人はいないでしょう。

なぜなら、それは私たちのなかで、【ガン=死】 であると潜在意識にしっかりと刻み込まれているからです。

そして、余命宣告を受けたり、もう出来る治療は何もないと言われると、誰でも心が折れそうになります。

余命が脳に記憶されてしまい、カウントが始まります。

本当に余命通りでいいのでしょうか?

本当にこのままでいいのでしょうか?

このような強いストレスは、またガンに大きな影響を与えてしまいます。

限られた命をどう生きるのか・・・

今までガンに囚われ、ガンをなおすことにエネルギーを使っていまんでしたか?

一度、がんというものから執着を手放してみてはどうでしょう。

時間を豊かなものにする

限られた時間ならば、喜びを感じる生き方をしてみませんか?

喜びは、生命エネルギーにスイッチを入れます。

スイッチを入れるのも自分・切るのも自分です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す