がんに対する価値観が変われば生き方が変わる

不平不満、愚痴、恨み、妬み、泣き言の生き方は、心と体に塊をつくってしまいます。

この生き方がガンの道であり、塊がガンなのです。

ガンになった後も、同じ生き方をしていませんか?

人は自分にとって都合の悪いことが起きれば、落ち込んでしまいます。

ガンになって良かったと捉えられる人がどれだけいるでしょう。

しかし、これをマイナスとするか、プラスと捉えるかで人生が大きく変わってくるのです。

きちんと法則を知れば、ガンになって良かったと捉えることが出来るのです。

ガンは、全身の汚れを1ヵ所に集め塊となり、生命を守ってくれています。

塊にならなければ、全身の汚れで命を落としていたかもしれません。

ガンは、生きるために猶予を与えてくれているのです。

だから、ガンを恨むのは間違い

ガンは、感謝するべき存在なのです。

このようにガンに対する価値観が変われば、ガンになった後の生き方が変わってきます。

ところが私たちは、自分の思い通りにならなければ不足部分を要求してしまいます。

不足を要求し続けることは、不平不満となり負のスパイラルに陥りやすくなります。

そして、常に精神と調和をとっている体は大きなストレスを受けます。

しかし、このストレスも思考も自分がつくりだしたものである限り、自分が気付き変わるしかないのです。

自分の考えたこと、発した言葉、行動が自分に返ってきているのです。

角度を変えてみてみると、不足にしか見えなかったものも、足りていると気付くものもたくさんあります。

悪いことであっても、起きたことによって、気付かされることも多いはず

これで済んだからよかった、有り難い・・・と思うか、不平不満で終わってしまうか・・・

自分がどう捉えられるかで、発する言葉、行動が変わってきます。

そして、その言葉や行動が、自分の体に返ってくるのです。

ガンなおしは、常に心身が一体となり自然治癒力を高めていくこと鍵となります。

まずは、今ここに生きていることに感謝をしてみませんか?

この気持ちを忘れないことが、ガンなおしの大きな秘訣です。

小さなことでも有り難いと感じ、感謝することで正の連鎖を起こし、自然治癒力を高めていくのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す