自分の直感を信じ自分の体の声を聴いてがんなおし

がんの情報は、たくさんインターネットやメディアで発信されています。

 

自分で情報を掴むことが出来るのは、がん患者さんにはとても有り難いことなのかもしれません


しかし、情報が溢れてるからこそ困ることもあるようです

 

情報がありすぎてどの療法を選択するか決められなくなってしまいます。


○○ががんに良いと書いてあるものもあれば

〇○はがんに効果なし と真逆のことが書いてあったりもします。

 

情報に振り回されてそれだけで疲れてしてしまう人も・・・


溢れる選択肢の中から、どうやって自分に最適な療法を選べば良いのか・・・


まずは、なおったという症例や確率だけに捉われないことが大切です。


何を大切にし、どう生きたいのか・・・


人生が違うように、がん治しはみんな違います。


選択に必要なものは➡自分自身の直感力と心と体の声です。


療法を決められず、ずっと悩んでいる人がいます。


悩みすぎは直感力を鈍らせてしまいます。


自分の体は、何を求めて、何に苦しんでいるのか・・・


自分の体の声をしっかりと聴いて受け取ってみませんか?


体の具合は誰にもわかりません。

わかるのは本人だけなのです。

直感を信じれる自分、そして、心と体の声を聴ける自分になることです。


がん療法の選択に迷ったら、がんを治した人の話を聞いてみるといいでしょう。

 

治った人の言葉には、必ずヒントが・・・

 

がんを克服した人と話し感じることで➡自分への直感力はさえてきます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

自然治癒力に意識を向ける

『ガン細胞は宿主が亡くなるまで無限増殖する』

19世紀のヨーロッパの細胞病理学者であるウイルヒョウの定義です。

西洋医学はこの学説に基づき、三大療法というものがあります。

そして、私たちも200年前のウイルヒョウの定義を、固定観念として定着させてきました。

定義を知ると、ガンという病は絶望的な気持ちになってしまいそうです。

しかし、現代医学におけるガン治療への考え方は変わりつつあります。

人はみな、毎日数千個から数万個のガン細胞が体内に生まれてきています。

ウイルヒョウの学説通りだとすれば、私たちは全身ガンだらけということです。

そして、ガン細胞を攻撃し続けなければなりません。

この学説のなかには、免疫力や自然治癒力の存在がありません。

私達は、免疫力と自然治癒力が働ているからガン細胞の増殖が食い止められています。

自然治癒力が働いているからガンの自然退縮があるのです。

傷口がふさがり、かさぶたが出来るのも自然治癒力のおかげです。

自然治癒力というものに意識を向けてみると、自分のからだに感謝の気持ちが湧いてきます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自宅でする生姜湿布

血液の循環を促進し、毒性成分の解毒、浄化の作用がある 生姜湿布

【生姜湿布】

用意するもの

・生姜(新生姜は除く)
・自然塩
・木綿のハンカチ
・鍋
・ゴム手袋
・タオル2枚

① 生姜をおろし金ですりおろします。

② すりおろした生姜を木綿のハンカチで包んで、紐または結んで口を締め袋状にします。

③ 鍋で沸騰させないよう約70度のお湯を沸かします。

④ 70℃のお湯のなかに、大さじ1杯程度の塩をいれ、生姜を入れた木綿袋も入れます。

⑤ やけどをしない様に、ゴム手袋をして鍋のなかで生姜の袋を揉み絞り、お湯が白く濁る状態にします。

⑤ 2つ折りにしたタオルを生姜湯に浸け、しっかりとタオルに生姜湯をしみ込ませ、タオルを絞る。(あまり絞り過ぎないよう)

⑥ 少しタオルを叩いて温めたいところに箇所にタオルを当てます。

⑦ 保温のため、バスタオルなど冷えないようにします。

⑧ 1枚目のタオルが冷めてきたら、鍋のなかに新しいタオルと交換します。

【注意】

お湯が冷めたら弱火で温めても良いですが、生姜の酵素が死滅しないよう沸騰には気を付けること。

タオルの冷えが気になる場合は、保温シートをなどを使用しても良いが、毒素が出る通気の穴をあけておきます。

使ったタオルは、毒素が付着しているので、鍋に戻さず選択する。

生姜湿布の後はお風呂に入らないこと

時間の目安は、1回のタオルで15分~20分

肌の赤みが目安です。

温まって毛細血管が拡張し血行が良くなると、肌が赤くなります。

生姜湿布の後は・・・

ガーゼや絆創膏にプロポリスを浸み込ませ、気になる場所に貼り、経皮吸収させます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

女性が好きな乳製品!がんの原因なの?

がんを克服した多くの人は、動物性食品を摂らない食事を体験しています。


肉を摂って血や筋肉をしっかりとつくように!といわれ、沢山、肉を食べてきた人もいますね。

 

といったように、動物性食品をしっかり摂るように教えてきたドイツのフォイト氏


『最も理想的な栄養源は、高たんぱく、高脂肪、低炭水化物である』


このフォイト氏の栄養学は、今でも現代医学のなかでつかわれています。


それを覆したのが、アメリカのマクガバン・リポートです。


『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』 今村光一さん翻訳より


本来、穀物を食べるようにできている人間の体は、肉食動物と比べると、腸の長さが4倍も長くなっています。

長い腸を通過していくうちに、肉は腐敗してしまいます。

その結果、インドールやスカトールなどの有害物質を発生し、血液が汚れ、血流が悪くなってしまいます。


血流が悪くなれば毒素が溜まり➡悪玉菌が増え➡腸内環境が悪くなります。


腸内環境が乱れると➡抗酸化力が弱まり➡活性酸素の除去が出来なるのです。


必要以上に増えた活性酸素は➡正常細胞の遺伝子に傷をつけ➡がん細胞をつくってしまう・・・


動物性のものばかり 食べ過ぎていませんか・・・?


また、動物性の食品は、早く肥育させるために成長ホルモン(エストロゲン)が乱用されている可能性があります。


成長ホルモンは、かなり強い発ガン性物質といわれています。


特に米国産牛肉の脂身は、残留度が高いといわれています。



発ガン率が5倍になると言われている成長ホルモン(船瀬俊介氏より)


日本人の乳がん、卵巣がん、子宮がん、前立腺がんなどホルモン系のがんが、凄まじい勢いで増えた背景には・・・

このような食の影響があることは否定できないようです


特に女性は、乳製品を好む人は多いですね。

 

がんになったら➡がんになった原因を取り除く

自ら意識していくことが、がんを治す近道です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ほうれん草とゴマで便秘解消

多くの女性が悩んでいる便秘

何をやってもダメだと言われる方も…

例えば、ほうれん草にゴマやゴマ油など組み合わせを考えて試してみるのもいいですね

ほうれん草は、ヨーロッパでは「胃腸のほうき」とも呼ばれています。

呼び名の通り、ほうれん草は不溶性食物繊維が多く、腸の老廃物を巻き込みながら腸壁を刺激して排便を促進してくれます。

しかも、不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむので満腹感がありダイエットには最適ですね

ほうれん草の食物繊維はキャベツの2倍以上あり、ごぼう並みの食物繊維豊富な野菜です。

同時にカリウムも非常に多く、 なんとウリ科野菜の3倍

これは、余分な水分の排泄を促してくれるのでむくみの解消になります。

ほうれん草は女性の悩みに活躍してくれる野菜ですね

ほうれん草とリンゴ、レモンを加えた生ジュースを朝飲むと便秘解消にとても効果的ですよ

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

食べ合わせでがんになる?

サンドイッチの定番

ハムとレタスの組み合わせ

この組み合わせで発ガン!?

だとショックですね

ハムやソーセージなどのお肉とレタスを一緒に食べると起きること

それは、お肉に含まれる「アミン」と、レタスに含まれる硝酸イオンが唾液中で亜硝酸イオンに変化してしまうということです。

そして、ニトロソアミンがつくられます。

このニトロソアミンが、発ガン物質です。

アミンや亜硝酸イオン自身に、発ガン性はありませんが、食べ合わせによって自然に体内で発ガン物質が出来てしまうのです

これは驚きですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

突然がんが消えた人の生き方

がんを克服する人・出来ない人


がんと上手に共生する人・出来ない人


がんを自然退縮させる人・出来ない人

 

違いに共通点があります。




元気になった人は、つらいことを抱えながらそれでも感謝の心が満ち溢れています。



・ありがとうございます

・おかげさまで

 この言葉がたくさん出る人



とても前向き、そして明るいエネルギーを感じます。

 

どんなときも、誰に対しても態度は変わらず、しっかりと自分をもっています。


決して最初から出来ていたわけではありません。

 

がんになったことで多くのことを悟り、反省

そして、新たな価値観で、人生をリセットされた人も・・・


一方、○○やったけど治らないと愚痴っている人➡すべて人のせい、物のせいにして生きていませんか?


自分の都合や感情で、善い人、悪い人、発する言葉もその度に大きく変わってしまう・・・

 

自分の都合で、周りを振り回していませんか?


がん療法も次々と変えていませんか?

 

最初は盛り上がってもすぐに終わる

そんな状態をを繰り返していませんか?

 

美味しいものに飛びつく

何をしても続かない、そんなな感覚です。

 

すべてが中途半端になり

お金も時間も勿体ないことになっています。

 

そこに気付かない限り

残念ながら治らないのです・・・


がんを治すには➡自分に責任を持ち➡魂から変わる


日々の生活のなかで心が揺さぶられることもあります。


しかし、魂からの信念があれば・・・

心は揺れても信念はぶれることはありません。


心を変えた人

生き方を変えた人は

がんになったことに感謝が出来ている人です。


すべては、自分のため、自分次第です。

 

ある日 突然 がんが消えた人・・・

 

日々、こつこつ続けてきたから起きる現象なのです。


 新たな価値観が構築されたとき

 

状況は好転するのです。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

栄養豊富な玄米食

がんの人の食事の中で真っ先に頭に浮かぶのが玄米食ですね。

 

お米丸ごとの玄米は、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとても豊富です。

 

玄米にはガンマオリザノールという栄養素も含まれており、抗アレルギー作用、抗酸化作用、抗炎症作用にとても優れています。

 

血行を良くしたり、コレステロールを抑えてくれる作用もある玄米

食物繊維が多く、血糖値の急激な上昇も少いのです。

まさに健康食といえる生命を維持するための栄養素が満載なのです

 

一方、胚芽やぬかを取り除いたものが白米です。

 

この胚芽やぬかの中に、ビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質、糖質など栄養素がたくさん含まれています。 精米することでこれらの栄養素を根こそぎ取り除いてしまうのです。

 

玄米はお米を丸ごと食べるわけですから、無農薬・無肥料、除草剤不使用の最も安全な自然栽培米がおススメです。

 

また、玄米は消化が非常に悪いといった欠点があります。

とにかくよく噛んで食べるように気を付けましょう。

 

しっかり噛まずに玄米を食すると腸壁に穴を開けてしまうリーキーガット症候群になってしまいますので要注意です。

 

穴の開いた腸壁から有害物質が全身に流れてしまう症状で、全身に毒素を回してしまう恐れがありますので、玄米はよく噛んで、飲み物がなくても喉を通るくらい噛み砕いて頂くようにしたいですね。

 

玄米が体に合わないといわれる方

噛み砕いて食べてますか??

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんなのにケーキ、プリン、アイスクリーム?

がんは糖をエサにしてて大きくなります。


砂糖をつかった甘いものを食べると、がん細胞はどんどん増殖されます。


がん克服へ! といいながら、甘いケーキやプリンを食べていませんか・・・??

 

砂糖をとれば摂るだけ、がんは成長します。

 

ケーキやプリンは砂糖だけではありません。

ほとんどの物に乳製品が使われていますね。

 

乳製品もがんが増殖しやすい環境をつくってしまうのです。

 

お風呂上りにジュース飲んで、アイスクリームを食べていませんか?

 

砂糖に、乳製品、さらに添加物・・・入ってませんか??

 

おまけに内臓の温度を下げてしまう冷たいものまで・・・・

 

がんが大きくなるなんて知らずに食べている人もたくさんいます。

 

高血糖と低体温をがん細胞は好みます。

 

食べ物には、さまざまな糖がありますが、最も避けたい物ですね。

 

そして昼食はうどんやパスタ、パン、白米・・・

 

これら炭水化物である白いものも、実はがん治しには厄介者です。

 

では何を食べれば・・・

 

うどん、パスタ ➡ そば

 

パン、白米 ➡ 玄米

 

胃や大腸の手術後などで玄米が食べにくい人は、白米に雑穀米を混ぜるなど、体の声を聴きながら工夫するといいですね。


 がんが治る生活環境をつくるには➡糖質を抑える必要があります。


野菜や果物もにも糖質は含まれていますが、野菜や果物の糖は、繊維が糖の吸収をゆっくりにしてくれるので、1日の摂取量からみても害を与える事は少ないと言えます。

 

甘いもの、うどん、白米などは、血糖を一気にあげてしまうので、がんに好まれる糖質ですね。

 

野菜や果物は、食物繊維だけでなく酵素やビタミン、ミネラル等も一緒に摂れます。

そのため、糖のマイナス部分を緩和してくれ、また、必要な栄養素も豊富に含まれています。

 

がんを治すための食事はとても難しいとよくいわれますが、まずは摂らない方がよいものを優先に考えることです。

 

そして砂糖以外にも絶対に絶対に摂ってはいけないものが・・・
 

今は辛抱のとき

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

がんと闘わずがんを慈しみ免疫機能を上げる

がんを克服のするためには、闘いをやめ、癌を受け入れることからです。

そして、がんとの共存を自ら望み、癌細胞をも自分の大切な細胞と受け止め慈しむ

闘いをやめ、交感神経優位な生き方から、慈しむ副交感神経優位な生き方に変える。

がんと闘う生き方は、緊張で呼吸が浅くなり、酸素の少ない状態に心も体も硬くなります。

がんを慈しむ生き方は、穏やかに呼吸が深くなり、酸素がしっかりと酸素が行き渡り、心も体も温かくなります。

心も体も温かくなる生き方を望んでいます。

末期がんであっても30%は放置で自然治癒するとの報告があるのもこのためでしょう…

放置で30%なら、体を慈しみリラックスして、しっかりと体を温めれば自然治癒することはさらに高まるのでないでしょうか…

しかし、多くの人は癌になれば抗がん剤、放射線、手術といった三大療法が当たり前、病院が癌を治す場所だと思い込んでいます。

癌を治す場所は、自分が一番リラックスできるところ

ほとんどの人が家族が過ごす自宅ではないでしょか・・・

自然体で過ごせることが最も免疫機能を上げます。

闘いをやめ、がんとの共存を受け入れ、喜びと感謝を持ち、自然体で生きることがやがて自然治癒への道に導かれていくでしょう・・・

人間には、生きるための自然治癒力と知恵を持ち備えていることを忘れないでいたいですね・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)