低体温・低酸素はがんの道

がんをつくる血行不良を、自分でも感じることがあるでしょう・・・


それと同時に不調は・・・


その原因は、冷えです。

身体が冷えると、血管も冷えます。


血管の冷えは、血液の通りを阻害してしまいます。

血液がドロドロになってしまうと・・・

 

栄養も酸素もスムーズに運ばれなくなり、同時に体に不要なものを外に排出することもできなくなります。


1950年代の調査で、36.89℃だった日本人の平均体温・・・

 

今では35℃台という人がたくさん・・・


体温を自分で調整する機能が衰えているということです。


これでは、スムーズに酸素や栄養を運ぶことができません。


低体温、低酸素はがんの道です。


だから血流を良くすること

体を温め、栄養補助食品に運動そしてストレスを回避

 

明るく前向きに生きること


体が温まっているときは、血液の流れも良くなっているときです。

 

栄養補助食品を効率よく使うには、体を温める前や温めた時がベストです。

 

摂取した栄養補助食品も血管の末端までしっかりと運ばれていきますね。


また、じっとしていたり、同じ姿勢でいると筋肉が緊張し、血管を圧迫してしまい、その部分の血流が悪くなり、筋肉に酸素が供給されず、 肩凝りなどの痛みが発生します。

  
これを回避するには、適度な運動が必要です。


女性に多い手足の冷えも血行不良が原因です。


解消するには、手足の運動が一番


手を胸の高さまで上げ、手首を動かさず、グーパーを20回を1日数回


足も同じように、椅子に座り、足を持ち上げ足首を動かさず、指先だけを上下に動かす感覚で20回、これを1日数回繰り返します。


たったこれだけの簡単なこと

 

それでも血流は変わってきます。


私は運動前にもプロポリスを飲みます。


 たかが栄養補助食品と思うかもしれません

 

ですが使うタイミングが重要です。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す