低酸素はがんの道・ミネラルバランスを整える

大気汚染に加え、さまざまな原因で酸素が欠乏しがちな時代です。

がん細胞にとって酸素の欠乏した体、はとても活動しやすい環境です。

ナトリウムとカリウムのバランスが崩れることから酸素の欠乏も起きます。

 ナトリウムやカリウムの働きが衰ると、ミネラルバランスがコントロール出来なくなり酸素不足に陥りやすくなります。

食事の野菜・果物の摂取量が減少していることから起きます。

さらに野菜そのものが農薬や化学肥料の影響を受け、栄養価が昔の半分以下になっていることも原因になっているようです。

 そこにストレスなどが加わり些細なことでも血液中の酸素量が減少してしまいます。

自分が全く気付かぬところで、酸素不足が起きている可能性があります。

特に癌の人は、要注意です。

低酸素はがんの道

ミネラルバランスを整えること。

そして、深呼吸や腹式呼吸で全身に酸素を意識的に取り入れていくことが大切ですね。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

豊かさも健康も同時に手に入れる

健康、豊かさ、お金

手に入れる方法は同じです。

これらを手に入れるには、健康である、豊かであると思う必要があるのです

現実は違えども、感じることは出来るはずです。

今、ガンに侵されていても、豊かさを感じることは出来ます。

心が健康であると感じることは出来ます。

苦しさと幸せが7対3であったとしても 頭の中で苦しさと幸せを3対7に書き換えることは可能なのです。

頭の中を書き換えれば、魂に響いてきます

魂に響いたものが、現実となるのです

ガンであっても、自分の足で歩ける

ガンであっても、食事が出来る

不足より充足を見つけることが大切です。

すると、頭の中の書き換えもスムーズに出来るようになります。

不足を感じていた自分の愚かさに気付けるのです。

これが出来ると心の豊かさが生まれてきます

ガンなおしには この思考が必要です

豊かさも健康も同時に手に入れる

私は自然の恵み『プロポリス』と頭の書き換えで豊かさを手に入れています

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

トランス脂肪酸はDNAを・・・

パンにマーガリンをたっぷり塗ってませんか??


マーガリンは植物性だから大丈夫!と言われていた人もいます。


マーガリンにはトランス脂肪酸がたっぷりです。


トランス脂肪酸は不飽和脂肪を加熱して脂肪を凝固させたものなのです。


つまりトランス脂肪酸は危険度が極めて高い!!


海外では使用が禁止!!

 

にもかかわらずなぜ日本は平気で使っているのでしょうね・・・


トランス脂肪酸はDNAを傷付ける危険な物質


DNAを傷付ける物質ということ=がんを誘発する物質

ということになりますね。


また、糖尿病や心臓病の原因にもなります。


使う必要のないものは・・・

 

使わない方が良いですね。


当然、がんの方は避けるべきですね。

 

特に洋食が多くなってきている子ども達は危険です。


子どもの健康を守ること・・・

 

私達親が気を付けていかなければなりません。


 多少、お値段が上がってもマーガリンよりバターを・・・

 

傷付いたDNAを癒し
 

発がん物質から体を守る

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。

はちみつで心身ともにいやされ・・・

はちみつの主成分は単糖類なので、体内に入ると短時間で腸壁から吸収され胃腸に負担もなく、血管に入り栄養となります。

疲労回復に、はちみつが愛されるのはこういった特徴からですね

私も、運動の後や、肉体疲労を感じたときには、レモン果汁に、はちみつを入れてお湯を注いで飲みます

すると、短時間で体がすごく楽になります

疲労を後に引っ張らないための私なりの工夫ですね~

仕事や家事の合間のティータイムに、そして子育てでお疲れのママさんにも、はちみつは心と体の癒しになりますよ

とくに、砂糖を気にされている方にはぴったりです。

ミネラルやビタミンを体内から奪ってしまう砂糖に比べ、はちみつは、逆にミネラルやビタミンをたっぷり含んだ、しかも美味しい優れものですから

毎日頑張る女性の味方ですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。

薬剤だけに頼らない生き方を・・・

痛み止めを1日3回以上飲まれていた乳がんの方・・・

痛み止めを飲まなくなったと言われました。

夜になると腫瘍部分が痛んでいたそうです。

最初は痛み止めを飲めばぐっすり眠れていたそうです。

しかし、その痛み止めもだんだんと効かなくなり、薬が強力なものに変わっていきました。

その影響で不安も強くなっていったそうです。

 

薬の効果が切れると痛み出す、だからまた飲む・・・

この繰り返し・・・  薬が欠かせない状態・・・

禁断症状のごとく体が薬品を求める状態をあらわすのです。

薬に体が慣れてしまい薬が効かなくなり、量が増えるもしくは強力なものに変わっていく・・・

 

増えた量に比例して、副作用も増えます。


吐き気、胃痛、浮腫み・・・


今度は副作用を抑えるための薬を飲む

 

結果、1日に20錠、30錠と薬を飲むようになります。

 

 

 

私も癌になる前は薬を安易に飲み、気付かなければそうなっていたでしょう・・・



薬を飲めば飲むだけ、活性酸素を発生させ、血流を悪化させ、体温を下げ、癌が増殖しやすい環境をつくっていることなど知る由もなかったのですから。


乳がんの方も、痛み止めを飲めば飲むだけ体温が低下してくことを本能的に危険と感じたそうです。


しかし、私もでしたが、薬以外に痛みを抑える方法を知らなかったのです。


しかも、何も知らず、癌が痛む食べ物を沢山食べているではありませんか・・・

痛みが出る原因を自らつくっていることなど気づくわけがありません。

 

痛くなれば薬を飲み、癌が増殖する条件、環境をつくっていました。
 


薬物療法は痛みや症状を止めるだけの対症療法です。

痛みを根本から治すものではないことをもっと早く知っておけば、がんになることもなかったのかもしれません。



無知は罪をつくりますね・・・


痛みや不定愁訴を改善することなど知らなかった私

 

がんは自分がつくった病

 

もっと早く知っていたら・・・

 

そんな思いで出来たのが蜂粋ゴールドプロポリスなのです。

 

ぜひ体感していただきたいです



 自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体温アップでミトコンドリアを元気に

末期ガン患者さんは手足が非常に冷たいのですね。

 

本来は、『頭寒足熱』 のはずですが 『頭熱足寒』 になっています。


それどころか暖かい部屋の中でもブルブル震えることもあります。


がんを患っている人は体温が低い方が多いですね。


特に末期ガン患者さんは更に低い方が多いようです。

 

表面の体温は高いという人

 

では内臓の温度はいかがでしょうか。


体の冷えは免疫力を抑制し冷えは血流が滞り、酸素の運びも少なく、低酸素になります。

精神的ストレスや過労、寝不足が続いていませんか?

 

交感神経が常に働くようになり、低体温、低酸素の状態をつくります。


不安や怒りは、呼吸がとても浅くなります。

過呼吸がわかりやすいですね。


低体温、低酸素の状態は、正常細胞が生きにくくなり、ガン化してしまうのです。

35℃台の低体温は癌細胞が活動しやすい体温・・・


人間は恒温動物なので一定の体温と酸素が必要です。


 体温とたっぷりの酸素でミトコンドリア系がエネルギーを生成します。


37℃の深部体温 (内臓温度) と酸素で働いてくれるミトコンドリア

 

わきの下で36.5℃以上は保ちたいですね。


体温を上げると血液の流れが良くなり、それに伴い赤血球が酸素を体の隅々まで運んでくれます。


深呼吸でミトコンドリアに酸素を・・・・

 

ミトコンドリアの細胞分裂を抑制する働きをしっかりと活用すれば、がん細胞の増殖は抑えられます。


ガン患者さんにとって体温を上げることはとても大切なことですね。


そして1日数回深呼吸実践で酸素をたっぷり取り込むことも大切です。


 抗ガン剤投与後は体温は下がると言われています。

 

 


体温が下がると、細胞分裂を促進する解糖系優位のエネルギー生成になってしまいます。

ですので体温アップを意識することをおススメします。

 

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

最も大きなの発がん因子

最も大きな発ガン因子とは・・・


癌の原因、私はストレスだったと思います。


次に体の冷え、そして薬品だったと思います。


ストレスは自律神経のバランスを崩してしまいます。


自律神経は自分の意思とは別で、交感神経と副交感神経がシーソーのようにバランスをとりながら体の働きを調整しています。

交感神経とは昼間の活動モードで、車に例えるとアクセルの役割です。


交感神経が優位に働く時には血流が悪く呼吸も浅い。

そして、白血球の中の顆粒球が増えます。



一方、副交感神経は夜の休息モードで、車に例えるとブレーキの役割です。



副交感神経が優位に働く時には血流がよく、呼吸もゆっくり深く

そして、白血球の中のリンパ球が増えます。



アクセルを踏みっぱなしでは壁にぶつかり大事故になってしまいます。


だから事故をしないようブレーキを踏み調整するのです。


体にもこの調整が必要です。


ストレスがかかると・・・交感神経が緊張状態になります。



この交感神経の緊張状態が続くと、癌の原因となる活性酸素が大量に発生してきます。



そして呼吸も浅く低酸素状態となり、血流も悪く、毒素が滞り、体温も下げます。

結果・癌細胞にとっては増殖しやすい環境になっていきます。


私もストレスが低体温を招いていたのだと思います。


そしてストレスから自律神経のバランスを崩し、体の不調が続き、自律神経失調症と病院で診断され薬を飲む・・・

 

そして薬がさらに交感神経を優位に働かせてしまっていたのです。

まさに負のスパイラルですね。


ストレスは、心の持ち方で回避できます。

 

心の持ち方も、がん治しのひとつです。

 

細胞は副交感神経が優位に働く時に修復されます。


夜はしっかりと休息して副交感神経優位の働状態にする

 

痛んだ細胞、癌細胞を正常細胞に戻していきましょう。


そして昼間しっかりと活動して交感神経を優位にする


このバランスが大切なのです。

バランスをとることで・・・ストレスも軽減されていきます。

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

がんへの感謝は自然治癒の大原則

ガンを自然治癒させるにはどうしたらよいのか・・・よく質問されます。

現実問題として、ガンの自然治癒はそんなに簡単ではないと思います。

進行したガンを自分のからだの自然治癒力だけで消滅させれるのは、非常に厳しいことです。

もともと、免疫が低く、治癒力が弱いからガンになったのですから、何らかで免疫を上げない限り、ガンが退縮することは難しいと思います。

しかし、免疫力や自然治癒力を高めることで、ガンの進行を止めることは充分可能であり、上手にガンと共存しながら生きていくこともありなのではないでしょうか・・・

まずは、落ちた体力、精神力をグッと持ち上げ、底上げしていくためにも、温熱や栄養補助食品の力は必要でしょう。

とはいっても、ガンをすっかり自然退縮させたいのが本音です。

ガンが自然退縮された方は、生き方をがらりと変えています。

食事を変え、上手に栄養補助食品を活用し、運動で体を鍛え、体を温め体温を上げる

生活の改善で、今まで溜めていた毒素を排出し、免疫力もあげていきます。

さらに一番大切にしていることは、心のコントロールです。

ガンという塊をつくったのは、自分の思考癖であることに気付き、考え方、ものごとの捉え方を変えています。

ガンになったことも、マイナスと捉えず、ガンになって良かったと感謝します。

ガンは、間違った生き方を変えるよう、教えてくれた存在なのですから・・・

ガンは、全身の血液の汚れを1ヵ所に集め、塊となって生活、生き方の乱れを教えてくれたのです。

ガンという塊が出来ていなければ、全身の汚れで敗血症となり突然死していたかもしれないのです。

ガンは、私たちが生きるための出来た細胞

命に猶予を与えてくれた、感謝すべき存在なのです。

ガンに感謝して、生き方・思考癖を見直してみませんか?

ガンなおしは、生き方なおしです。

ガンへの感謝は、自然治癒への大原則です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

砂糖はがんを増殖させがんのエサに?

体内にある癌細胞は、ぶどう糖を栄養として増殖しますので砂糖は癌のエサになります。


糖分は血液を汚してしまい、体を酸化させてしまいます。

その結果、血流が悪くなり低体温にことで癌が増殖しやすい環境を作ってしまいます。


砂糖は癌細胞のエサになるだけでなく、正常な細胞をも破壊させます。


 癌だけではありません。

 

細菌の感染やアレルギーなども引き起こしやすくします。


砂糖は直接的に血糖を上げてしまう直接糖です。


直接糖の体に対する弊害は沢山のの研究でわかっています。


直接糖を摂ることで起きる老化現象が『糖化』です。


この糖化は活性酸素を発生させて血液が酸化し、動脈硬化を助長します。


そして癌の原因になります。


 血液を汚す砂糖は、精神面でも大きく影響を与えます。


甘いものを食べれば気持ちが落ち着くなどは、砂糖の持つ依存性です。

甘いものが無ければ落ち着かない体になります。

 

そして、摂取すればするだけ心も体も狂わせます。


本気で治すなら、人を狂わせる砂糖は辛抱の時ですね。


がんを治すには・・・

 

心の安定が一番です。


 心の安定は、甘いものではなく

 

ありがとうの言葉を自分に伝えること。

 

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

 

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜は丸ごとがいい

食材は『丸ごと食べる』のが理想です

穀物も野菜も丸ごと食べることが自然ですね。

農薬の心配もあり、思わず皮を剥きたくなりますよね。

しかし、玄米は、皮の部分にミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。

野菜も同じです。

例えば、じゃがいもの皮には、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ビタミンが、中身よりはるかに多く含まれています。

たとえば、じゃがい丸ごとには、お肉の17倍以上の鉄分が含まれているそうです。

皮を捨てるということは、豊富な鉄分などを捨ててしまっていることになりますねあせる

また、野菜の皮や茎・種などには、抗酸化物質であるフィトケミカルがたっぷりです。

特にスープなどで使うと、だし汁でフィトケミカルが無駄なく摂取できます。

丸ごと使うって栄養が豊富で、家計も助かりますね

ただし、農薬の除去は必ずしてくださいね

がんを治す生き方・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)