免疫や防御機能を低下させないよう水分は摂り過ぎない

寒い季節は、温かいものが欲しくなります。

冷えた体を温めるのに、温かい飲み物を飲みます。

ほっとしますね。

 

ですが・・・

気をつけたいことは、摂り過ぎないことです。

温かい飲み物であっても、時間がたてば冷えます。

水分補給のために摂る水分は、からだが必要に吸収してくれます。

しかし、必要以上に摂った水分は、からだに溜まり、冷えを生じます。

喉が渇いたわけでもないのに、水分を摂ると胃に水分が溜まってしまい、体温が下がってしまいます。

水分の摂り過ぎは、免疫や防御機能の低下となるのです。

食べたものを消化する胃酸が薄くなると消化機能も低下し、体にさまざまな影響を与えてしまいます。

消化をスムーズにするためには、食事の時の水分は控え目にします。

特に夕飯と寝る時間との間が短い人は、消化に時間がかかるような水分の摂り方は避けた方がいいですね。

また胃酸は細菌から胃を守る大切な役目をしており、薄まれば免疫力の低下に繋がりますので注意です。

例え温かい飲み物であっても、水分は摂り過ぎない

喉が渇いたときに飲む、汗をかいたときに飲むのがベストです。

浮腫みで悩む女性が多いですが、水分の摂り過ぎの可能性があります。

水分を摂り過ぎて体に溜まり、冷えが生じ血流が悪くなっているかも・・・

 

体が冷えれば、免疫力は低下し、癌細胞が活性化されてしまいます。

慢性的な冷えが生じれば、ミトコンドリアの働きも抑制され、体内の生命活動が低下して病気にかかりやすくなるのです。

さらに冷たいものは要注意です。

お店などでお水を頂くときは、氷なしにしてもらったり、時間を置いて頂いたり、また口の中にふくみ少し温めて飲むなど、工夫をするといいですね。

 

 

~ 自分の大切な体だから ~

『酵素・ミネラルが豊富なプロポリス』 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

 

 

がんをなおした人たちの生き方(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

がんは血液の汚れ・だから血液をキレイにする

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

 

明るい未来に向けて・・・女性の味方/クオリティ・プロ

プロポリス活用法・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す