筋トレでNK細胞を活性化

体温は、免疫機能と深く関わっています。

 

体温が下がると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になります。

すると白血球内のリンパ球が減少し、免疫力が低下してしまいます。

体温が1度下がれば免疫が30%下がるといわれるくらい免疫力は体温に影響を受けているのです。

 

低体温の人ががんになりやすいのは、免疫力が低下しているからですね。

もっといえば、リンパ球の減少は、NK細胞の減少を意味します。

NK細胞は、がん細胞を見つけてはすぐさま攻撃している免疫細胞です。

常に私たちの体内でパトロールをしてくれています。

NK細胞は、がん細胞をきっちりと認識することができるため、そのおかげで正常細胞は攻撃されることもなく過ごせます。

とても頼もしい存在です。

しかし、このNK細胞が減少してしまうと、がん細胞は増殖してしまうのです。

これが、がん発症や再発、転移といったことに直結するのです。

だから、36度以上の体温は維持したいですね。

がんに不安を持たないためにも、できれば36.5度

舌下で、37度は欲しいものです。

 

体温が上がると副交感神経が優位になり、リンパ球が増え、免疫力はアップします。

特に女性は、低体温に悩む人が多いようです。

低体温なる理由はさまざまですが、一番多いのは筋肉の不足です。

体の熱は筋肉で作られます。

私たちの体の筋肉は、主に下半身に集中しており、その割合は7割以上にものぼるそうです。

最も大きい筋肉は、太ももの大腿四頭筋です。

これらの下半身の筋肉を鍛えることで、効率よく体温を上げていくことが出来ます。

男性より女性の方が低体温や冷え性が多いのは、筋肉量が少ないからです。

筋肉量と基礎代謝量は正比例の関係にあり、体温が高いと代謝がよく、体温が低いと代謝が悪くなります。

筋肉を鍛え、代謝を高め、内側から体温を上げていく

体調をみながら、家の中でもできることをみつけて、筋肉をつけたいですね。

筋肉も毎日毎日の積み重ねです。

NK細胞の活性化も毎日の積み重ねです。

そして、この筋肉を動かすには、体内の塩分を忘れないように・・・

どんなに良い筋肉があっても、塩分不足だと筋肉は活躍できません。

適度な塩分(自然塩)を摂ることが大切ですね。

そして、私は効率よく隅々まで栄養を運ぶために、筋トレ前にプロポリスを飲んでいます。

 

 

~ 自分の大切な体だから ~

『酵素・ミネラルが豊富なプロポリス』 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

 

 

がんをなおした人たちの生き方(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

がんは血液の汚れ・だから血液をキレイにする

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

 

明るい未来に向けて・・・女性の味方/クオリティ・プロ

プロポリス活用法・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す