内臓が冷えを感じたら、白湯で排毒を

体調が良くないと感じるとき

内臓が冷えているかもしれません。

余分な水分が体内に溜まっているかもしれません。

水分が内臓の冷えや血行不良を起こしてしまうのです。

 

そんなときは、まずは白湯を飲んでみるのもいいですね。

白湯は、内臓を温めるだけでなく、余分なものを排出してくれます。

とても優れた飲み物です。

 

『上手な白湯の作り方』

浄水された水(軟水が好ましい)を土鍋に入れ、火にかけ沸騰させ15分に煮詰めます。

このとき蓋はしないようにします。

これは空気をとり込むため

そして余分なものを外に出すためです。

中医学では、4分の1に煮詰めたら万能薬といわれています。

便秘が気になる人は、半分まで煮詰めた白湯がおススメです。

ただし、飲み過ぎは排毒し過ぎになるので気をつけること

 

そして、朝一番の白湯は、排毒を促します。

私はミネラルが豊富な自然塩をひとつまみ入れて飲んでいます。

そのあとにプロポリスを飲みます。

 

 

~ 自分の大切な体だから ~

『酵素・ミネラルが豊富なプロポリス』 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

 

 

がんをなおした人たちの生き方(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

がんは血液の汚れ・だから血液をキレイにする

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

 

明るい未来に向けて・・・女性の味方/クオリティ・プロ

プロポリス活用法・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す