砂糖はがんのエサ・与えていませんか?

砂糖をつかった甘いもの

ストレスや疲れを感じると食べたくなりませんか?

ストレス社会で生きている私たちは、美味しそうなスイーツを見ると、食べたい!という衝動にかられてしまいます。

実はこれ

砂糖の持つ恐るべき依存症状なのです。

砂糖の依存性は想像以上に強く、摂れば摂るだけ、糖分が無ければ落ち着かない心と体になっていきます。

 

糖の摂りすぎは、糖尿病になる

糖尿病の家系じゃないから大丈夫!と思っている人も要注意です。

 

砂糖を毎日摂り続けると糖尿病どころか

癌になる可能性が高くなるのです。

私たちの体内にある癌細胞は、糖を栄養として増殖します。

砂糖は癌細胞のエサとなり、癌を元気にさせてしまうのです。

 

糖がエサとなる癌細胞の性質を上手に活用しているのが、PET検査ですね。

ぶどう糖を投与し、糖をぐっと引き寄せた場所が癌です。

がんは糖が大好きなのです。

がんになっても糖を摂り続けていたら・・・

知らず知らずのうちに、自ら癌細胞にエサを与えてしまっているのです。

 

特に女性はスイーツが好きですよね。

砂糖は血液をドロドロに汚し、血流を悪くしてしまいます。

血流悪化は低体温を招きます。

がんが増殖しやすい環境をつくることとなります。

また砂糖は血液を汚してしまうため、大切な正常細胞も破壊させやすくします。

免疫力の低下、細菌感染、アレルギーなども引き起こしやすくなります。

すべては、血液の汚れ

がんをなおすには、血液をキレイにすることです。

 

 

 

~ 自分の大切な体だから ~

『私の毎日の必需品・プロポリス』 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

 

プロポリスの飲み方などは直接お問い合わせくださいね。

 

明るい未来に向けて・・・女性の味方/クオリティ・プロ

プロポリス活用や経験など・・・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す