手術を受けるときは免疫力を保てるよう入念な準備を

転移を防ぐために、子宮とリンパ節の郭清(切除)をすすめられ、手術を受けたSさん

その後、下肢の浮腫がひどくつらい毎日を送っていたところ、再発がみつかったそうです。

もう化学療法は絶対に受けないと決心したとか・・・

 

 

リンパ節に転移しやすいとされる子宮がんや卵巣がん

早めにリンパ節の郭清(切除)をすすめられます。

三大療法のなかで、外科的手術は体に与える影響が一番小さいといわれています。

しかし、リンパ節の郭清(切除)は、体への負担が大きいようです。

 

 

リンパ節はリンパ細胞と網状の皮質から成り立ち、リンパ球が集まっているところ

このリンパ球の働きによって免疫力は活性化され、健康を保つことが出来ています。

リンパ球は、がんをなおすためにも非常に重要な存在となります。

リンパ節を切除すると、リンパ球の働きは激減します。

その結果、免疫力が低下してしまうのです。

免疫力の低下は、再発転移の原因となりますね。

リンパ節の郭清は、がんをなおす力(自然治癒力)や再発を防ぐ力が低下することも知り

よく考えて選択することが大事だと感じます。

 

 

手術を受けるときは、免疫力を保てるよう入念な準備をすることです。

手術後もしっかりと対策を取り続ける

この準備とケアで先々が変わってきます。

自分のために、しっかりと対策をしてくださいね。

そして手術では、癌細胞と正常細胞を見分け、取り残しを防ぐために癌から少し離れた範囲まで切除します。

しかし、実際には細胞レベルで見分けるのは非常に困難です。

取ったから安心ではなく、再発転移をさせないよう自分で対策をすることは本当に大事です。

そして、最も怖いといわれていることは、手術によって癌細胞が飛び散ることです。

ここを強く訴える専門家は多いですね。

さわらなければよかった・・・といわれた人もいます。

体を切り開く手術にも、リスクはあることをしっかりと理解することが大事であると強く強く思います。

人任せにせず、自分で対策をする

彼女も1日も早く免疫力をあげ、癌が縮小されますことを切に願っています。

 

 

 

~ 自分の体は自分で守る ~

『私が愛用のプロポリス』 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

 

 

がん自然療法の秘訣とは・・・(抗がん剤・放射線・手術だけに頼らない)

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

 

 

明るい未来に向けて・・・女性の味方/クオリティ・プロ

ご相談・お問い合わせは

☎0849251271  (8時~20時 土日祝も受け付けております)

混み合う時間帯:18時~20時

※混み合っている場合は、こちらから折り返しお電話させていただきます。

 

(このブログは私個人の意見、考えであり、指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す