がん細胞が大好きなもの

女性が大好きなスイーツ

砂糖をたくさん使ってあるものがほとんどです。

砂糖の摂りすぎは、糖尿病になるという感覚は多くの人が持っているでしょう。

実は糖尿病どころか、がん細胞も元気にしてしまうのです。

つまり砂糖は、病気をつくってしまうのです。

砂糖は典型的な酸性食品です。

体内で燃焼して代謝されると体液を酸化させてしまうのです。

また骨からカルシウムが溶けだしてしまうため、骨まで弱くなってしまいます。

そして砂糖は、白血球をも狂わせてしまうのです。

疲れたり、ストレスが溜まるとついつい甘いお菓子が欲しくなります。

ですが、砂糖は摂れば摂るだけ体を弱めてしまうのです。

砂糖をつかった甘いものを食べた数分後、菌やウイルスを食べる白血球の働きが弱まります。

免疫力が激減するということです。

体が疲れ免疫力が低下しているところに砂糖を摂る

さらに体の免疫力は低下

白血球が菌やウイルス

そして、がん細胞を食べる力を失ってしまうと、がんが発生してしまうのです。

砂糖は病気を発症する引き金となる

そして、がん細胞のエサになっているのです。

がんは、砂糖が大好きですから

砂糖を摂り続けていると、がんははどんどん大きくなっていきます。

さらには、白血球の働きが抑制されると、がんをなおすことが難しくなるのです。

疲れやストレスのために甘いお菓子に依存しないよう気をつけたいものです。

それでも甘いものが食べたいときは、天然のはちみつや黒糖を入れた紅茶を飲むなど、工夫するといいですね。

【女性の味方・80余種の有用成分プロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す