自然治癒を繰り返すがん

長い時間をかけて出来たがん

だから、治すにもある程度の時間がかかります。

しかしなかには、2週間、3週間という短期間でがんが縮小した人、消えた人もいます。

それはなぜなのか・・・

がんの退縮は、がんがなおる条件が揃ったときに起きています。

それは誰にでも起き得ることなのです。

私たちの細胞は常に動き、変化を起こしています。

当然、がん細胞も動いています。

ある大学の教授は、がんは頻繁に自然治癒していると言われています。

強いストレスがかかれば一気に大きくなる

小豆大の塊は、一週間もあれば出来たり消えたりをしています。

私たちが気がつかないうちに、がんができ、また気がつかないうちに退縮していることも十分有り得るのです。

がんかもしれないと不安に思えば、がんでないもの本当のがんになってしまう

がんだといわれれば、恐怖とストレスでどんどん大きくなる

そのくらい心の影響を受け、出たり引っ込んだりを繰り返しているのです。

どんなに健康な人でも、がん細胞は毎日数千~数万個、私たちの体内に生まれてきています。

そして私たちの体は、24時間耐えず古い細胞から新しい細胞に生まれ変わっています。

その数は1日に7000億個以上と言われています。

このように代謝を繰り返しています。

だから、毎日 生まれてくる癌細胞があっても、全身ががん細胞になることなく暮らしているのです。

そして約100日ですべて細胞が生まれ変わります。

つまり血液が生まれ変わるということです。

がんは血液の汚れから起きる病

がんをなおすには、汚れた血液をキレイな血液に入れ変えることです。

そのためには、血液がキレイになる生き方が必要ですね。

細胞が生まれ変わる100日間

こつこつ続けることで、改善に向いて動き出すのです。

大切な大切な100日間ですね。

がんという塊だけにとらわれるのではなく

きれいな血液をつくり、しっかりと代謝を促す

がんをおそれないことです。

【80余種の有用成分と多彩な栄養を含んだプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す