がん自然退縮の前に発熱するのはなぜ??

がん細胞が最も増殖しやすい体温は35度です。

昼間に35度台の人は、最も体温が下がる深夜から明け方の時間帯は、34度台になっている可能性も・・・

寒くて夜中に目が覚める、手足が冷たくて眠れないといわれます。

また抗がん剤治療後、34度台になったといったという人もいました。

常に寒いといい、いつも毛布に包まっています。

34度台は、非常に危険な体温ですね。

がんは、熱を嫌います。

だから、がんを退縮させるには日頃から体を温めることです。

腹巻にカイロを貼ったり、お風呂でゆっくり温まる

寝る時は、電気毛布より湯たんぽがおススメです。

湯たんぽは電磁波の心配もなく、心地よい温度で副交感神経を優位にしてくれます。

そして湯たんぽは、時間と共にゆっくりゆっくりと冷めていきます。

それと同時に、交感神経に切り替わっていくのです。

朝の活動に合わせ、夜の副交感神経優位から交感神経に・・・

自然な流れで切り替わっていくのが理想的ですね。

また、がん細胞は、42℃の熱でほとんどが死滅するといわれています。

発熱は有り難いチャンスということですね。

がんが自然退縮した人は、その直前に高熱が出たといいます。

NK細胞などの免疫細胞が、ガン細胞を攻撃したとき、その周りで炎症が起き、発熱するといわれています。

がんが消失する前に高熱が出る人が多いのは、そのためですね。

何の発熱なのかわからなければ、解熱剤などを使ってしまいがちですが

体力の消耗が激しいときなどは別として、出来る限り解熱剤を使わない方法で過ごしたいですね。

そして日頃から、体温を下げないよう意識していきたいです。

【おすすめのプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す