酸素を入れて、がん細胞はバイバイ

私たちは無意識のなかで呼吸をして体内に酸素を入れています。

しかし、何らかの理由で体内の酸素量に個人差ができます。

酸素の量により、細胞は大きく影響を受けています。

正常細胞は酸素がないと生きることが出来ません。

逆に、がん細胞は酸素がなくても生きれます。

つまり、正常細胞は酸素を好み、がん細胞は酸素を嫌うのです。

だから

がんにならないため、がんをなおすために

意識的に酸素を取り込むことが大事ですね。

そこで役立つのが腹式呼吸です。

腹式呼吸は、酸素を取り込むだけでなく、横隔膜を上下させ内臓を刺激し、同時に副交感神経を優位にします。

そして、ふさぎ気味になっている胸を広げることで、肺の周りの筋肉をほぐして血流を良くします。

自律神経と運動神経の両方から影響を受ける肺

自律神経の刺激と、筋肉を動かす腹式呼吸はとても合理的ですね。

肺がん予防には最適です。

寝る前に行うことで、腹式呼吸は睡眠に悩む人にはとても有効です。

吐いて吸っての1呼吸をゆっくり時間をかけて行います。

吐き出すときが非常に重要で、吸うときの2倍以上の時間をかけ吐き出します。

それによってリラックスモードになり、副交感神経が働き寝付きもよくなります。

胸呼吸にならないよう注意しながら、お腹に酸素が入ることを意識します。

胸式呼吸は、交感神経が優位になるので、リラックスしたい人には逆効果です。

特にストレスなどで呼吸が浅くなっている人は、胸呼吸は避け、腹式呼吸で副交感神経を優位にしたいですね。

胸呼吸は、交感神経を働かせ、活動モードや集中力を高めたいときにはおススメです。

このように上手に呼吸法を活用するといいですね。

しっかりと酸素を取り込み、がん細胞が増殖しにくい環境をつくる

ストレスが強い人、口呼吸の人は意識して

腹式呼吸で心も体も温めたいですね。

【腹式呼吸前に・・・プロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す