全身を伸ばして冷えを改善する

ストレスを感じると肩に力が入り、コリが出来ます。

ストレスが長引き、交感神経が緊張状態になると筋肉も疲れてしまい、慢性筋肉疲労になります。

運動に関係なく起きている筋肉疲労

筋肉疲労は、全身の冷えを招いています。

筋肉が炎症を起こしてしまうと痛みや重さを感じ、熱をもつこともあります。

この反応は、改善のための通り道ですが、つらい痛みや熱のため、つい消炎鎮痛剤などで反応を止めてしまいたくなります。

しかし、消炎鎮痛剤は体温を下げ、血流を滞らせてしまい、また筋肉疲労が起きやすい状況をつくってしまうのです。

そうならないために、自分で動かす

無理のない範囲で、体を動かし筋肉をほぐしていきます。

がんになって悩み、落ち込んでいると、体が凝り固まってしまいます。

凝り固まると慢性筋肉疲労となり、がんがなおりにくい体になってしまいます。

ストレスは筋肉にまで影響を与えているということですね。

ストレスを感じたら、体操

誰もが知っているラジオ体操ですが、実は理にかなった素晴らしい体操です。

心と体をほぐしてあげましょう。

寒いとついつい丸まってしまいます。

朝起きたとき、体が痛くないですか?

寝ている間にも体は丸まり、凝り固まっています。

朝起きたら、背伸びをしたり、腕を水平に外に向けぐっと伸ばしたり、全身を伸ばして滞った血流を流してあげましょう。

お正月、ごろごろしていると筋肉が凝り固まります。

座ってテレビを見ていると猫背姿勢になってしまいます。

数時間に1回は、スチレッチをしたり、背中を反らしたりして、姿勢を調整しましょう。

猫背は内臓を圧迫し、血流を悪くします。

背筋を伸ばし、よい姿勢を意識すること

これだけでも背筋は鍛えられます。

時間があれば、体を伸ばす

時間がなくても、座ったままでもいいので伸ばすことです。

血液が流れやすくすることです。

病気は血液の滞りから起きます。

今年は、体を伸ばして、冷え性を改善してみませんか??

【私が愛用する 木樽熟成プロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す