動物性食品中心の食事から植物性食品へ

西洋の食事では、たんぱく質の70%が牛や豚などの動物性食品から摂っています。

これらが癌や心臓病、脳卒中、糖尿病を引き起こしているといわれます。

一方、これらの病気にかかりにくいと言われる中国人

たんぱく質の摂取量が西洋の10分の一だそうです。

脂肪摂取量も西洋人の三分の一

カルシウム摂取量も西洋人の半分以下となっています。

(あくまでも平均的な数値ですが)

カルシウムにおいては野菜から摂っています。

このような食文化によって、同じ年齢であっても健康状態は大きく変わってきます。

貧血予防に鉄分といえば、レバーなどの動物性食品

骨粗しょう症といえば、牛乳、チーズなど乳製品

日本も西洋の傾向が強いですね。

しかし、がんや心臓病が増え続けた欧米では、「脂肪を全カロリーの三分の一以下にすべき」 という指導に変わっています。

動物性食品中心の食事から植物性食品へ

それでも、欧米食の基準では癌、心臓病を防ぐことは難しいとされています。

現代の日本の食卓は欧米化がどんどん進んでいます。

それにともない癌や心臓病、糖尿病が増えてきました。

食事は、365日 

小さなことの積み重ねです。

がんになったら、まずは食事を見直してみる

日本人には日本人に合った食事で健康を保ってきた昔の人を見習うことはやはり大事ですね。

日本人らしい食事を心がけたいものです。

鉄分、カルシウムも野菜から摂取したいですね。

【私が愛用する 木樽熟成プロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す