がんを根っこからなおすには・・・

がんは血液の汚れから起きる病です。

どんなに手術でがんを切り取っても、どんなに薬でがんを攻撃しても

血液が汚れたままでは、またがんは出来ます。

再発転移を防ぐためには、根っこからなおす

根っこからなおすということは、血液をキレイにすること

まずは、血液が汚れた原因を取り除くことです。

添加物 摂っていませんか?

気をつけているつもりでも、意外と摂っています。

加工食品、お菓子、パン・・・

健康のため摂っているサプリメントや健康食品にも添加物が含まれている可能性は充分あります。

農薬 大丈夫ですか?

無農薬野菜が手に入らない場合は、しっかりと農薬を除去をしてから食べるようにします。

健康のために飲んでいるお茶や漢方の栽培状況は確認したほうがいいですね。

無農薬の野菜やお米であっても、肥料は大丈夫ですか? 

動物性肥料は体内で化学変化を起こし、有害なガスを発生させます。

ホルモン剤 大丈夫ですか?

牛、豚、鳥を早く育てるために、ホルモン剤が使われています。

スーパーに並ぶ多くの肉、乳製品、卵は、ホルモン剤の影響を受けていることは指摘されています。

これらの毒が、血液を汚しています。

その他にも、シャンプーや化粧品といった皮膚から吸収する毒素も血液を汚します。

血液が汚れると、解毒器官である肝臓は、一生懸命働きます。

それでも入り続ける毒に、肝臓の働きは追いつかず、血液はどんどん汚れていきます。

そして、肝臓は疲れ、正常に機能をしなくなるのです。

つまり、がんになったということは、肝臓がお疲れモードであるということですね。

だから、まずは肝臓を元気にしてあげることです。

肝臓は怒りの臓器ともいわれます。

肝臓が不調だと、イライラしたり、怒りっぽくなります。

また、長年、怒りの感情をもち続けると、肝臓に不調が起きます。

ストレス(特に怒りの感情)と密接に関係している肝臓

肝臓を元気にしてあげるためにも、穏やかに、おおらかに笑って過ごしたいですね。

みけんにシワ 入っていませんか??

肝臓を元気にする方法、食べ物は・・・次回に

【お疲れの肝臓を労わる・・・木樽熟成プロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 ひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す