がんのストレス・治療のご褒美に甘いもの食べていませんか?

疲れたとき、イライラしたとき、欲しくなる甘いもの

食べるとほっとします。

これは、砂糖の持つ依存性です。

ストレスを感じると体が砂糖を求め、砂糖が切れるとイライラしてくる

心も体も狂わせてしまいます。

やがて甘いものでも、心も体は落ち着かなくなります。

そして、安定剤という薬を飲むことにもなりかねないのです。

疲れた心と同じように、がん細胞も砂糖を好みます。

がんは、糖をエサに成長します。

がんは、糖が大好物なのです。

がんのストレス、治療のご褒美に

スイーツ食べていませんか?

お見舞いにケーキやプリン

大丈夫ですか?

がん細胞を増殖させないため、砂糖は避ける必要がありますね。

お料理に、どうしても甘みが必要なときは、発酵調味料がおススメです。

そして薬は、さらにガン細胞が増殖しやすい環境をつくってしまいます。

高血糖は、がんの道

食べたいけれど、今は我慢のとき

砂糖に依存しないよう心の持ち方を変え、ストレスを軽減していきたいですね。

私も糖をたくさん摂ってきたので不安でしたが、プロポリスを飲むようになり、甘いものを必要としなくなりました。

【私のおススメするプロポリス】 こちらから

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 ひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す