がん死亡者が減るアメリカと何が違うの?

アメリカでは、がん死亡者数が急激に減っています。

しかも1年間に数千人単位で減っています。

日本は逆です。

今は、若い人が癌で亡くなるとう話は珍しくなく、年齢に関係なく多くの人が命を落としています。

増え続ける日本

アメリカと何が違うのでしょうか・・・

ある新聞の報道によれば、アメリカのがん患者の40~60%の人が、サプリメントや祈りといった療法を試みているとのこと(米癌学会)

アメリカも昔は、抗がん剤、放射線、手術といった三大療法が主流でしたが、さまざまな報告により代替療法が認められ、食事、運動、心理療法などが積極的に取り入れられています。

統計調査によると、特に女性や若者の方が積極的なようです。

実際、私のクライアントさんも9割が女性です。

年齢も30代から50代の方がほとんどです。

いずれにしても、アメリカの死亡者を減らした行動を、素直に見習うべきと感じます。

がんは自分の体内で発生した細胞です。

外から入ってきたウイルスたちとは違います。

だから、自分が生き方を変えたことで、がん死から逃れることが出来た、というのは納得できます。

自分で取り組む療法は、自分だけが頼りです。

そして、体や心に対する意識が変わってきます。

それも、がん死亡者が減った理由のひとつなのではないかと感じます。

いいものはどんどん取り入れていく

どうかこれ以上、悲しむ人が増えませぬように・・・

飲むことで、体の変化を感じるようになりました。私の意識を変えてくれたプロポリスはこちらから

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 ひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す