がん性うつにならないために・・・

がん告知を受けてから、どんな気持ちで過ごしていますか・・・

がん告知を受けると、どんな人であっても瞬間的に気持ちが落ちます。

私もそうでした。

そしてその後、どうにか気持ちを持ちなおすことが出来る人は、半数だと言われています。

残りの半数の人の多くが適応障害になっています。

それだけ、私たちのなかで、がんは怖ろしい病気だと刻み込まれているのでしょう。

そして全体の約10%の人が、がん性うつに苦しんでいます。

一見、普通に生活しているように見える人でも、家のなかに入れば、涙が流れたり、動けなくなったり、食事をしても吐くなど、精神からくる症状に苦しんでいます。

外では、無理をしているのでしょう・・・

疲労感、頭が痛い、重い、動悸がする、胸の痛み、つかえ、吐き気、のどの違和感、胃腸の痛み、お腹の張り、下痢、便秘、視力低下、肩こり、筋肉の痛み、血圧の変動、眠りが浅い、食欲が出ない、恐怖感、不安感が強い、イライラ、・・・

こんな症状 ありませんか?

これらの症状は、交感神経過剰になっています。

交感神経過剰の状態では、がん細胞を攻撃してくれるリンパ球(NK細胞)が減少してしまいます。

がんをなおすためには、副交感神経を優位にし、リンパ球を増やすことが必要です。

しかし、がん告知を受ければ、ほとんどの人がショックのあまり、リンパ球を一気に激減させてしまいます。

精神力を持ち直した人は、また少しずつリンパ球が増えてくるでしょう。

ですが、半数以上の人が、不安や悩みを抱え、治癒力を落としています。

そして適応障害、鬱と診断されれば、抗うつ剤や抗不安剤、睡眠導入剤などが出されます。

薬は交感神経が過剰になり、リンパ球はさらに減ってしまいます。

抗がん剤によって交感神経過剰になっているに加え、さらに・・・

まさに負のスパイラルです。

がんをなおすためには、笑うことです。

苦しいからこそ、笑うことです。

笑えないと言われるかもしれません。

だけど、なおすためには自分から起き上がるしかないのです。

私もずっと泣いて過ごしていました。

恐怖と不安が襲いかかってきました。

病院で言われた言葉は頭のなかをくるぐると巡り続けました。

そんな私でしたがプロポリスと出逢い、負のスパイラルから抜け出すことが出来たのです。

あのとき起き上がれなければ、私も今の私はありません。

自分を信じることです。

そして、がんを恐れないことです。

不安から抜け出すためには、大丈夫!と思える行動をすることが絶対的です。

私の人生を変えたプロポリス

https://www.qualitypro.jp/gantaiken/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:平均550件
過去のセミナー実績:96回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 ひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す