余命宣告から這い上がった人

「がんは治らない」 「末期がんだからもうダメだ」 「医者がさじを投げたのだから無理だろう」 と思い込んでいる自分の考えを捨てない限り、癌は治らない

余命半年の宣告からみごとに這い上がった人

生存率5%と言われながら生き続ける人

この人たちが気付いたことです。

私たちは子どもの頃から、病気は病院で治すもの、病気のことはお医者さんが一番よくわかっている、と頭に叩き込まれ生きてきました。

確かに急性期には医療の力に助けられたと思います。

余命宣告から這い上がった人、末期ガンを克服した人を見る限り、すべてではないように感じます。

人の体は皆 違います。

体質も違う、体型も違う、性格も違う、環境も違う、癖も違う・・・

病気になった原因も違う

体がわかるのは、体の持ち主である自分自身です。

なおる可能性、なおらない可能性、生存率、余命

これらの数字に、大切な自分の体を当てはめて良いのですか・・・

ただ、余命を聞けば、ほとんどの人はショックを受け、正気を失います。

まさに患者さんは死刑台にのせられたようなもの

とてつもない大きなストレスで交感神経が究極の緊張状態となり、NK細胞は激減してしまいます。

NK細胞どころか、他の免疫細胞も失い、生命力はどんどん低下してしまいます。

言葉や数字 (余命) を聞いた脳は、余命期間を覚え、体に指令してこのような現象が起きてしまいます。

余命宣告や生存率という言葉に惑わされてしまう人間の脳

しかし余命宣告から這い上がった人、末期がんから立ち上がった人たちは違います。

言葉や数字に惑わされることが命とりになることに気付き、脳で考えるのをきっぱりとやめ、自分の心の持ち方を変えて、自ら癌を消失させています。

がんをなおすには、おびえない、あきらめない、き然とした心が絶対に必要です。

がんにおびえる心を捨て、人生を楽しく前向きに生きる

ちょっとしたことで心の持ち方は変えることが出来ます。

ご相談ください。体験をお伝えします

☎ 0849251271

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す