バランスの崩れががんをつくる

私たちの体は、常にバランスをとりながら生きています。

それはひとつではなく、さまざまバランスです。

ホルモンのバランス
自律神経のバランス
心と体のバランス
活動と休養のバランス
陰と陽のバランス
昼夜のバランス
栄養のバランス
血液のバランス

このバランスが崩れると、必ず体のどこかに異変が生じます。

これという病名もはっきりしない症状があちこちに表れるのです。

浮腫み、乳房の張り、便秘、下痢、頭痛、めまい、腹痛、腹部膨張感、胃痛、手足の冷え、冷感、肩凝り、腰痛、背部痛、関節痛、不眠、眠気、動悸、息切れ、吐き気、ほてり、のぼせ、口臭、のどの違和感、かすれ声、多汗、目の疲れ、吹き出物、肌荒れ、シミ、シワ、体臭、低血圧、高血圧、月経異常、おりもの異常、筋肉量低下、ももやふくらはぎの痛み、陰部の痛み、痒み、乾燥、イライラ、不安、落ち込み、無気力、憂鬱、過敏、孤独感、、喪失感、ひきこもり、興奮、感情が抑えらない、気分の上下、なぜか涙が出る・・・

すべてはバランスの崩れから起きてます。

女性特有の症状も、実は女性ホルモンの低下のせいだけではないのです。

ホルモンは多すぎても少なすぎても、病気をつくってしまいます。

大切なのは量ではなく、バランスです。

このバランスの崩れが続くことで、がんなどの病気を発症するのです。

だから、病気をなおすには、崩れたバランスを元に戻していくことが必要です。

体が冷えていないか

動物性食品を摂り過ぎていないか

白い食品を摂り過ぎていないか

夜更かしをしていないか

眠りが浅くないか

朝起きにくくないか

薬を飲み過ぎていないか

姿勢が悪くないか

運動不足になっていないか

ストレスを溜めていないか

働き過ぎではないか

人間関係がしんどくないか

マイナス思考になっていないか

これらが血液を汚し、知らず知らずのうちに体内に毒素や老廃物を溜め、ホルモンをはじめとしたバランスを乱しているのです。

だから・・・

いち早く、ホルモンを乱した原因を取り除き、体内に溜まっている毒素や老廃物を排出してあげることです。

栄養もバランスのとれた総合健康食品をおススメします。

私の支えとなった総合健康食品・プロポリスはこちらから

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す