副作用の軽減・二次発がんは自分で防止する

130万人を超えるがん患者がいるといわれている日本

そのうち半数が、治療への不安、不信感に悩んでいるようです。

つらい治療に耐えたにもかかわらず、数カ月で再発、転移

悲しすぎます。

壮絶な副作用で衰弱し、治療の甲斐なく亡くなる人が後を絶たない現実

つらすぎます。

2人に1人ががんになり、3人に1人が亡くなっている日本

感染症で亡くなる人が減らないのも、残念ですが今の日本の現状です。

がんそのもので亡くなる人は少なく、多くは体が弱り感染症などを起こし亡くなっています。

なんの準備も知識もない状態で、がん宣告を受ける

考える間もなく治療が始まります。

知識がなければ、他の方法を知ることもなく、対策をとることもなく進みます。

そして、病院にお任せ状態になっている人がほとんどです。

食べてはいけないもの、がん細胞を増殖させてしまうものなど、知らずに過ごしています。

その結果、初期から進行がん、末期がんに進んでしまう人も少なくないのです。

そして、治療の副作用で亡くなる人はたくさんいます。

自分の体は自分で守らなければ、誰も守ってはくれないのです。

副作用は仕方ないこととあきらめていませんか?

副作用を軽減するのは自分です。

治療の後、新たながん(二次発がん)が出来るのも副作用です。

毒素を排出し免疫力を上げ

二次発がんを防ぐのも自分です。

不安な日々を過ごしていませんか?

どんどん弱っていく家族をみて、つらい思いをしていませんか?

副作用から体を守るのは自分です。

治療をすること と 体を守ることは違います。

命を守れるのは自分しかいないのです。

自分の意思でしっかりと選択

そして、治療前から体を整え、1日も早く副作用対策を始めることが大事です。

自分の大切な人生のために

がん三大療法だけに頼らない生き方
 

こんな方に選ばれています。

 

●抗がん剤の副作用が怖い

●再発転移を繰り返した

●体力の低下が心配

こちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す