お乳と心の関係

女性の象徴ともいえる乳房

女性ホルモンの感受性がある乳房

乳房は常にホルモンの影響を受けています。

卵巣ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロン

この2種類のホルモンの量によって乳房も変化をしています。

また、女性の乳房は、生理前には大きくなり、生理後には小さくなります。

張りや大きさの違い、痛みなど 感じたことありますよね?

大きさでいえば20%も増量するという文献もあります。

排卵後に分泌される女性ホルモンであるプロゲステロンが、排卵から約7日後あたりにピークを迎えます。

このプロゲステロンが乳腺に働きかけることで乳房は大きくなります。

実は、この乳房の増量は、乳房の浮腫みなのです。

プロゲステロンは水分を体内に溜め込む性質があり、乳腺と乳腺の間に水分を溜め込んでいるのです。

だから胸の張りが出たとか、大きくなったと感じるのです。

そして生理を迎えるとその水分は経血と共に排出され、乳房が小さくなるのです。

このように乳房は常にホルモンの影響を受け、子宮や卵巣と繋がっているのです。

女性は子宮でものを考える、などと言われるように心配ごとやショックがあると子宮がきゅんとします。

子宮と繋がっている乳房も影響を受けています。

右のお乳と左のお乳

女性は、幼少期の親との関係、夫婦の関係など、家族間の悩みを抱えている人が多いのです。

右の乳房の異変は家庭の悩み

左の乳房の異変は仕事の悩み

心理的ストレスに影響され乳房に異変が生じます。

お乳に出た症状は、心の表れ

つらいことをたくさん抱えてきたのではないでしょうか・・・

心の冷えは、乳房の冷え

そんな自分を知り、受け入れ、今があることに感謝して、心を温め乳房も温めてあげたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す