体に悪いことは避け、体にいいことで癌を癒す

体を傷めていることに気付いた、と卵巣がんの方が言われました。

抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け、爪が黒くなり、抗がん剤は怖さは怖いと感じていた

だけど・・・癌を治すためには仕方ないと思っていたそうです。

こんな方は本当に多いですね。

浮腫みはひどく、腎機能、肝機能はどんどん低下し、体を動かすことがとてもしんどくなってきたそうです。

体に痛みも出てきたことで、さらに不安は増してきたとのこと

先日、転移を告げられ、はたと気付いたそうです。

そして、抗がん剤はやめると決心し、抗がん剤に変わるものを探していたそうです。

体に悪いと思いながらも、やめることは出来なかった・・・

抗がん剤に限らず、自分で納得できていないことは、体にとって決していいものではないのです。

がんの原因であるストレスが強くなるだけ

ですが・・・悪いという人がいても、自分がいいと思う人はすればいい

自分にとってよいか、悪いかです。

癌は不自然な生き方によって心身にストレスがかかったために出来たもの

元々は健康な正常な細胞だったわけです。

だから、体が喜ぶこと、体にいいことをすれば、おのずと癌は消えていきます。

癌だって自分の大切な細胞のひとつ

癌細胞は攻撃するのではなく、元の正常細胞の戻してあげれるといいですね。

こうすることで生命力を削ることなく、免疫力を守りながら癌を消していくことが出来ます。

健康な正常細胞に戻すには、体が喜ぶことをすることです。

バランスのとれた栄養で、体温を上げ、前向きな心で明るく過ごすことで体は喜びます。

必要な栄養が摂れれば、血流が良くなり、体温が上がります。

前向きな明るい心は、全身に酸素をしっかりと運んでくれます。

癌が消える環境をつくっていくことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す