自然界の恩恵を受け、生命を存続できたことに感謝

プロポリスは殺菌力が非常に強く、ミツバチがウイルスやバクテリアなどの外敵から巣を守るためにつくられます。

また巣のなかの温度調節や女王蜂の子育てにも役立てられています。

一方、人間界でプロポリスは民間療法として世界中で古くから受け継がれています。

日本癌学会でもブラジル産プロポリスについて発表がおこなわれ、プロポリスとがんは医師の間でも注目されるようになりました。

その注目すべき成分が、ケルセチン、カフェイン酸フェネチルエステル、クレロダン系ジテルペン

その後にも医学大学名誉教授によってアステピリンCがプロポリスに含まれていることが明らかにされています。

以降、臨床医によってがんをはじめとしたさまざまな病気に対する研究がすすめられ、実際の臨床例も数多く寄せられています。

私たち人間は、体の皮膚や臓器の新陳代謝など、多くが酵素によって繰り広げられています。

またエネルギー作りを含め、酵素の働きに欠かせないのがミネラルの存在です。

プロポリスには生命活動に欠かせない酵素、ミネラルが豊富に含まれおり、その他にも50種類以上のフラボノイドや各種のビタミンなど、300の栄養素と80余種を超える有用成分があることが判明しています。

効果というものは1つ2つの成分だけで出ることは考えにくく、多くの成分が相互作用して発揮します。

だから、私はプロポリスを飲みました。

何より、生命の存続に必要な自然界のパワーが必要だったからです。

自然界の恩恵を受けれたことに心から感謝しています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。