検査が乳がんを引き起す??

マンモグラフィ検査は、乳がんを発見する以上に乳がんを引き起こす

そんな内容を目にしたことがあるという人は増えたのではないでしょうか・・・

レントゲン被曝による癌が増えていると言われています。

特にCTスキャンでは、一度の検査でX線写真の百倍も被曝するとされています。

被曝は怖い

でも、日本はがん検診において広く活用されているのが現状ですね。

これががんの原因になっているとしたら??

ぞっとします。

検診に度に、経過観察のために、通常の何倍もの被曝をする。

再発転移の原因になる被曝は避けたいところですね。

再発転移を恐れながらもCT検査を受けることに、罪悪感ともいえる気持ちで悩んでいる人もいます。

断る勇気がない・・・といわれる人もいます。

ですが、自分の体は自分で守るしかありません。

必要な検査、そうでないものをしっかりと見極め、また被曝後はしっかりと抗酸化物質を摂ることですね。

発ガンの3.2%はCT撮影時によるX線被曝と言われています。

またマンモグラフィ検査は乳がん検診の診断が正確を欠くということはよく取り上げられています。

検査にもリスクがあることを知り、メリットとデメリットをよく考え、きちんと選択することが大事と思います。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

ありのままの自分を受け入れる

【今日の心の持ち方】

人に認めてもらい

立派な自分を演じていませんか?

人に迷惑をかけまい

無理な自分を演じていませんか?

自分の弱さがさらけ出せない世界は疲れてしまいます。

悩みのまま、ありのままの自分を受け入れることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がんになる食事?がんをなおす食事?

欧米では 「脂肪を全カロリーの三分の一以下にすべき」 と食事のガイドラインで指導しています。

それでも欧米食の基準では癌、心臓病を防ぐことは難しいとされています。

西洋の食事では、たんぱく質の70%を牛や豚などの動物性食品から摂っています。

これらが癌や心臓病、脳卒中、糖尿病を引き起こしています。

一方、これらの病気にかかりにくいと言われるのが中国人です。

中国人の食事のたんぱく質は、西洋の10分の1ほどです。

中国人は脂肪摂取量も西洋人の3分の1

カルシウムの摂取量も西洋人の半分以下です。

そのカルシウムはといえば野菜から摂っています。

ちなみに、カルシウムを酪農製品 (牛乳) で摂る地域ほど、実は骨粗しょう症が多いということもわかってきました。

中国であっても富裕層と言われる方々が癌や心臓病、糖尿病に高率でかかっているのは、肉や乳製品といった動物性食品の摂取量が多いことが原因であろう、と考えられています。

このように食文化によって、同じ年齢であっても健康状態が全く変わってきます。

貧血予防には鉄分

と言えば、レバーや肉といった動物性食品

骨粗しょう症といえば、牛乳、チーズといった乳製品

ですが…

野菜から摂取することで、次なる病気を引き起こすリスクが軽減されます。

現代の日本の食卓は欧米化がどんどん進んでいます。

同時に癌や心臓病、糖尿病が増えてきました。

がんになったら、まずは食事を見直す

日本人には日本人に合った食事で健康を保ってきた昔の人を見習い、日本人らしい食事を心がけたいものですね。

がんと食事 こちらから

http://www.qualitypro.jp

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

涙が心の潤いになるように

【今日の心の持ち方】

泣きたいときは泣けばいい

泣いたあとは、泣いた時間の3倍笑う

涙が心の潤いとなるように

いっぱい泣いて、いっぱい笑い、細胞にも潤いとメリハリを与えましょう。

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

転移はなおるチャンス??

私たちの体は白血球のバランスによって健康が保たれています。

白血球は、大きく分けて顆粒球とリンパ球があります。

安保先生の研究によれば、通常は顆粒球が54〜60%、リンパ球が35〜41%と顆粒球の方が少し多くなっています。

この比率は環境や時間帯によって多少の変動があります。

交感神経が優位に働く時間帯は、顆粒球の割合が増えます。

一方、副交感神経が優位に働く時間帯は、リンパ球の割合が増えます。

しかし、この比率が大きく崩れ過ぎてしまうと免疫力に問題が生じ、癌などの病気を発症させてしまいます。

がんをなおすには、免疫細胞であるリンパ球を増やすことが重要になります。

がんが縮小した人、がんが消えた人は、リンパ球が増えて一定数を超えています。

がんはこのリンパ球の攻撃によって破壊されます。

このとき起きる症状が発熱や倦怠感だと福田医師は言われています。

がん細胞がリンパ球に破壊されるとき、組織に炎症が起き生じ、発熱や倦怠感といった症状が表れる

そして、このとき起きるのが転移である

リンパ球の攻撃によって負けそうになったがんが生き残りをかけ、散り散りになって他の組織に飛んでいく

これががんの転移といい、転移するがんはなおりやすい、と言われてきました。

方々へ散らばったとき、副交感神経を優位にして血流をどんどん流してリンパ球を活性化させれば、がんを破壊しやすくなるということですね。

がんの転移ともなれば、助かる可能性は低くなる・・・

私もそう思っていたひとりです。

しかし、転移はなおりやすい、チャンスのとき、という見解があることを知ったとき、大きな転機になる人も少なくないのではないでしょうか・・・

そのためには、リンパ球を増やすこと

そして、免疫を抑制するような生き方はまずやめることです。

もちろん信じる信じない、納得できるか出来ないかも個人の自由

しっかりと見極めることが大事です。

リンパ球を増やす生き方は・・・

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

人間であるがゆえに考え過ぎる

【今日の心の持ち方】

人間であるがゆえに考え過ぎる

人間であるがゆえに悩み過ぎる

与えられた命で

ただただ有り難いと思って生きるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

夢を叶え、豊かな人生を送れるかどうか

【今日の心の持ち方】

克服・成功する人は、大切なことを先延ばしにしない

最適な日は今日

明日に先延ばしにする人は、チャンスを逃す人

迅速を習慣づける

夢を叶え、豊かな人生を送れるかどうかは自分自身の行動で決まります。

朝は、酵素・ミネラルたっぷりの生はちみつで・・・

https://www.qualitypro.jp/supurei-namahatimitu/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

末期がんから生還した人は自分の愚かさに気付いた人

とらわれ過ぎても がんはなおらない

癌をなおすには、バランスと感性が必要です。

○○をやったらなおったという人

ただ、それだけでなおったわけではないのです。

進行がんを克服した人、末期がんから生還した人は、自分の愚かさに気付いた人たちです。

○○だけでもがんはなおらない

がんは怖ろしい存在であるという固定観念を捨てる

がんは病院がなおしてくれるものという固定観念を捨てる

データが正しいという固定観念を捨てる

そして

がんはなぜ出来るのか

がんはどうやって退縮していくのか

まずは原理原則を知ることが重要です。

私は、それらを知ったことで愚かな生き方をしていることに気付いたのです。

そして、がんは感謝すべき存在であることを知ったのです。

再発転移の意味も、ひとそれぞれで変わってきます。

がんが出来た本当の意味を知ったとき、自ずとがんをなおす方法が見えてくるのではないでしょうか・・・

がんをなおすコツは、頭で理解するものでもなく、体で掴むもの

体の声を聴けるようになること

バランスのとれた良い栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、がんを癒していくのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

二度と取り戻せないもの

【今日の心の持ち方】

今日という1日、今のこの瞬間は

二度と取り戻せないもの

1日は今の瞬間の集まり

今日を大切にすることが、一生を大切に生きることになるのです。

朝は、酵素・ミネラルたっぷりの生はちみつで・・・

https://www.qualitypro.jp/supurei-namahatimitu/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治療をやめるということは・・・

あるクライアントさんの言葉

先日のブログを読んで・・・

私も治療をやめたいと感じたSさんと私も同じです、と言われました。

治療の怖さ、がん細胞の流れはよくわかっていて、治療をやめてみましたが、がん細胞はぐんぐん増え、他の場所に転移

怖くなりそれからまたTC療法

そして4月から新薬を試みたものの効かず、がん細胞は増え続け、またTC療法

この点滴が効かなくなったらどうしよう・・・という不安を抱えながら、でもやめる勇気もない

彼女は、抗がん剤の怖さを十分理解されています。

だから、抗がん剤をしても免疫力が低下しないよう、自分で必死で対策をされています。

でも、治療をやめたい、繰り返しになっている治療はやめなければいけない

これが本心だと思います。

治療の怖さ、いつか薬が効かなくなることもよくわかっておられます。

わかっているけどやめれないつらさ

数値、画像、周りの言葉に振り回されてしまう

そして怖くなり、また治療を始める

同じように悩み苦しんでいる人はもっともっとたくさんいるでしょう。

治療をやめることは勇気がいります。

選択は自分がするしかないのです。

治療をやめる以上は、腹をくくらなければならない

治療をやめる以上は、自分に責任をもたなければならない

治療をやめる以上は、一喜一憂しない自分でいなければならない

治療をやめるということは・・・

心の修行かもしれません・・・

自分を信じ、心が豊かに前を向いて進まれることを心から祈っております。

私の大切な大切なクライアントさん

どんな選択であれ、自分を信じ切ってほしい

お父さん、お母さんに頂いた大切な命ですから・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)