がんを子孫に連鎖させないために・使命

がんの自然治癒で起きる現象

がんが自然退縮するときには思いもよらぬ様々な症状がでると言われます。

発熱、転移、腫瘍増大、腫瘍マーカー上昇

どれをとっても心地よいものではありません。

ここに行くまでにも、精神的にへこみ、他人の意見や情報に惑わされ、信念がブレてしまう方がほとんどです。

がん治しの一番の敵は恐れから起きる心のブレです。

自分はなんのために癌という病気になったのでしょう・・・

苦しむために与えられたのでしょうか・・・

それは、違います。

もし、そう感じているなら、ぜひご相談ください。

がんは、私たちに生き方を変えなさい、と教えてくれているのです。

人は、真剣な生き方によって神様に命を救って頂くのです。

その人に使命がある限り、神様は死なせることはしません。

がんになったのは、大切な子孫へ連鎖させないお役目を頂いたのです。

自分の命より大切な我が子が同じように癌になれば、自分のとき以上に苦しむでしょう。

子孫へ受け継せない、負の連鎖を止める

これが使命なのです。

生命を生み出した大自然に感謝して、使命を真剣に生きる

自分を見つめ直し担った使命を真剣に生きることで、がんへの恐れがなくなるのです。

そして、自然と穏やかな心がつくられるのです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す