がんが退縮する時

人は十人十色であり、すべて違います。

当然、ガン治しも十人十色

みんな違います。

色々なガンの方の相談を受けてきて、この方は治るだろうな・・・この方は大丈夫だろうな・・・

と私の中で感じるものがあります。

もう少し時間が必要な方だな・・・と感じる方であっても私は強制はしません。

ただ、気付いて頂けるように導くだけです。

痛みが愚痴や泣き言をごぼさせてしまうこともあります。

寂しさや不安が故につい出てしまう

また、聞いて欲しいのでしょう。

私が聞くのは構いませんが、果たしてその愚痴や泣き言が自分にとってプラスに作用するでしょうか?

痛みだって意味があり起きていることなのです。

その愚痴、泣き言が痛みを強くさせていませんか?

痛みを理由に動かない生活をしていませんか?

体温を下げてしまう生活、生き方をしていませんか?

これらをを少しずつ気付いて頂けるよう、また悟って頂けるよう導きます。

今までの生き方をきちんと反省されているクライアントさんは、皆さんとっても素直で、はっと気付かれます。

人はいきなりは変わりません。

失敗し、また学び、実践し・・・の繰り返しです。

後は、黙々と取り組むことです。

ガン治しは、ガンとの闘いではありません

自分自身の心と体の会話です。

克服、またはガンと共生されている方には共通点があります。

・食を見直した人

・栄養補助食品を上手に使った人

・体を温めた人

・生活・生き方を変えた人

・心の持ち方を変え全てを前向きにした人

・直感を信じ素直に実践した人

・全てに感謝する人

・朝陽を拝む人

ガンが治るのは、自分が今まで生きていた常識、生き方が根底から覆されたときです。

そして、執着が外されたときです。

自然退縮は奇跡ではなく、自分の心と体の会話がしっかりと出来たときに起きます。

食の見直しも大変なことかもしれません。

しかし、人生に少しだけ辛抱しなくてはいけない時もあります。

辛抱した人が幸せを手に入れるのです。

食の見直しは、我を捨て、体をいたわるということです。

生活の見直しは、我を捨て、体をいたわるということです。

自然の恵みを頂く食事は、心と体にとってとても優しい食事です。

早寝早起きは、細胞が活性化され、心と体にとってとても優しい生活です。

そして、朝陽を拝める最高の生き方です。

朝陽は、忘れかけていた感謝という心を蘇らせてくれます。

朝陽は、忘れかけていた生命という力を蘇らせてくれます。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す