抗がん剤・放射線治療を選択しない人・生命力を上げる

アメリカでは、1977年 上院議員のマクガバン報告により食事がどんどん改善されました。

日本食に注目したアメリカは、それにより癌が減っています。

一方日本は、戦後から欧米食がどんどん広がり、肉、乳製品の摂取量が増えると同時に癌が増えてきています。

食事と癌の関係は切り離すことが出来ない問題です。

ですが、癌になった現在でも食事を見直すことなく過ごしている人がたくさんいます。

またアメリカは癌の発症だけでなく、癌の死亡率も減っています。

日本は、変わらず死亡原因1位を占め毎日多くの癌患者さんが亡くなっていっています。

これは、やはり治療法の違いではないでしょうか・・・

アメリカでは治療の選択肢がたくさんあります。

西洋医学の治療のほかに、食事療法、温熱療法、運動療法、健康食品、気功、ヨガなどといった代替医療があります。

日本でも同じように選択肢はあるのですが、残念ながら知らない人がほとんどです。

何も知らず、病院での治療だけに頼っています。

手術、抗ガン剤、放射線治療をした挙げ句、再発転移をすることは珍しいことではありません。

しかしなぜ、多くの人が再発転移をするのだろうかと疑問に思いませんか?

病院でガン宣告を受けると、間違いなく何かしらの治療をすすめられます。

しかし、医師は自分が癌になったときは違います。

抗ガン剤で癌は治せないことを知っているからです。

それどころか、抗ガン剤はすればするだけ癌を増殖させてしまう原理をしっているからです。

放手射線が組織を破壊し、それが原因で体が弱っていく患者さんをみているからです。

手術は再発転移のリスクを高める危険性があることもよく知っています。

「私は、医師になって何千人ものガン患者さんを死なせてますよ・・・抗ガン剤は効かないよ」

とある医師が言われました。

これが日本の医療の現実なのでしょうか・・・

患者さんを救いたいという思いはあるはずです。

しかし、医師である以上、決められたことをしなくてはならない

この矛盾に苦しんでいる医師も少なくないはずです。

がん治療で苦しみ、亡くなっていく患者さんを嫌というほど見てきているから、癌だけでなく、治療に対する恐怖感も持っていると言われます。

自分が癌になったときは、抗ガン剤、放射線治療はしないという選択をされています。

臓器を圧迫して生活に支障がある部分だけを切除して、後は野菜ジュースや健康食品を摂り、ウォーキングなどの運動をして免疫力を高める生活されています。

それによって癌を克服している医師も少なくないのです。

病院治療においては、症状が進み終末期を迎えるとホスピスで死を迎える準備をします。

代替医療は違います。

終末期であろうと、初期であろうと免疫力を高め、がんと共に生きることを考えます。

癌という塊に目を向けるのではなく、生命力を高めていくことに目を向けています。

代替療法、自然療法は、がんを直接攻撃することではなく、食事を見直したり体を温めたりして、がんが自然と消えていく体をつくっていくことをします。

体だけではなく、心も鍛えていくのが自然療法です。

癌を恐れない、怖がらない精神力をつけること

癌が小さくなっても、命が縮んだのでは何にもならないのです。

癌があっても、明るく元気に生きた方が自然な生き方なのです。

自然体のなかに、がん自然退縮という現象が起きます。

西洋医学では有り得ないことが、自然のなかでは起きています。

信じるか、信じないか・・・それも自分次第ですね。

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

(このブログは私個人の考えであり指導するものではございません。療法等につきましてはご自身の責任でご判断下さい)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す