引き算の医学がNK細胞も活性化

まずは9割の医療を引き算!

***************以下 いのちのガイドブックより引用******************************

「地上から9割の医療が消え失せれば、人類は間違いなく健康になる」

メンデルソン博士の言葉を思い出してください。

つまり、現代医学の9割が不要なのです。

それどころか有害無益です。

日本の医療費40兆円のうち、36兆円は不要です。

世界の医療費、推計1000兆円のうち900兆円は不要ということになります。

これが引き算の医学なのです。

新医学への第一歩です。

**********************************************************************************

薬が足し算の医療であるなら、引き算の医療はファステイング(断食)です。

薬、添加物、食べ過ぎ、ストレスなどが足し算された毒素

これらを引き算する断食は心と体の毒素を排出します。

生まれてから足し続けてきた毒

この毒素を排出しなければ自然治癒力も働きません。

心身ともに浄化させなければならないということです。

断食でガンを治った人もいますから、どれだけ足し算の生き方がマイナスを生んでいたのかがよく分かります。

ガンのエサはブドウ糖以外にないという

そのブドウ糖を増殖させているのが、悪玉タンパク質をだそうです。

タンパク質が関与してブドウ糖を出させ、ガンを増殖させてしまう。

この悪さをするタンパク質をカットするには、断食しかないということです。

また、断食をするとどんなことが起きるかというと

くっついた赤血球が離れて、毒素が腸内に流れ込み、宿便となって排出されます。

脂肪細胞もどんどん減り、正常化していきます。

空腹時が細胞活性のチャンスです。

私たちの体の中を常にパトロールしてガン細胞を発見しては食べてくれているNK細胞

このNK細胞も空腹時にしっかりと役目を果たしてくれています。

私たちは、食事をすると眠くなったり、だるくなったりします。

それと同じく、私たちが食事をして血液を通し栄養が運ばれてくると、NK細胞もお腹いっぱいになり働き方が鈍くなってしまいます。

NK細胞をしっかり働かすためにも少食、または断食が効果的だといえます。

数カ月に1度、3日断食をします。

私の場合は水と塩と活性酸素を除去する抗酸化物質のみ摂取しています。

3日経過後は心身ともにスッキリです。

私の場合は、断食終了翌日あたりに一気におトイレで毒素が排出されます。

まずは腹7分目の少食から始めてみるのも良いでしょう

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す