放射能から体を守る

放射能による子どもの健康被害が関東でも心配されています。

福島市、郡山市などでは、多くの子どもが甲状腺ガンを発症しているという情報がありますが、関東にまで影響が出てきているのでしょうか・・・

福島原発事故前の子どもの甲状腺ガン発症の割合に比べ、今では145倍にもなっているそうです。

福島だけでなく、関東の子どもたちの白血球の数値も低くなってきているとか・・・

原発との関係性はわかりませんが、放射線を受けると骨髄細胞が白血球を作り出すことができなくなるのは確かですね。

いずれにしても、子ども達の健康状態は心配です。

もちろん、子どもだけでなく大人も同じです。

最近は、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都の方からのご相談が非常に増えています。

偶然ではないように思います。

なかでも30~40歳代の甲状腺ガンの方が多いように思いますが、部位はそれぞれです。

この地域は低レベルの放射線ということで、あまり意識されていなかったのではないでしょうか。

無防備できたために、数年経った今、表れてきたのかもしれません。

ガンでなくても、最近よく風邪をひくなど免疫の低下が気になる方も増えています。

ガン発症はこれからもっと増えていく可能性があります。

放射能からの体を守るためには、抗酸化物質を積極的に摂ることです。

ガンにならないように毎日味噌汁

ガンになったら味噌汁

生きた味噌を毎日摂ることをおススメします。

また健康食品を上手に活用して、自分の体は自分で守るしかないことを意識することです。

食事だけでなく、規則正しい生活と適度な運動を心がけたいですね。

風邪を引きやすい、胃腸炎を起こしやすい、そんな方は特に気を付けた方がいいですね。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す