60兆個の細胞は食べたもので造られる

私たちの体は、60兆個もの細胞から出来ています。

その種類は260種ともいわれ、これらの様々な細胞が結合して人間の体をつくりあげています。

細胞それぞれに寿命があり、早いものでは1日で新しい細胞に入れ替わっているものもあります。

消化管上皮細胞がそうですね。

また、骨の細胞では寿命が長く、3年~10年ともいわれています。

赤血球は、120日で新しく入れ替わります。

赤血球は毎日、脾臓や肝臓で処理され、同じ量の赤血球が骨髄でつくられます。

このように私たちの知らないところで、細胞はどんどん処理され、新しい細胞がつくられているのです。

まさに生命の営みであり、この働きを代謝といいます。

再生する能力、命を繋げるメカニズムが自然治癒力なのです。

この60兆個の細胞をつくっているのが、私たちが摂った食事です。

体に害を与える化学物質は、異常な細胞をつくり、代謝活動を抑制します。

体に優しい食べ物は、良い細胞をつくり、代謝活動を活発にします。

この細胞の入れ替わりに100日を要すなら、ガンなおしは最低でも100日は辛抱しなければならないということです。

しかし、100日より長い細胞もたくさんあります。

長い年月をかけ、蓄積してきたのがガンですから、そう簡単にはいかないのが普通です。

ガンは慢性病

コツコツと体が喜ぶことを続けてなおしていくしかないのです。

ただし、年齢が若いと、細胞の分裂、増殖も速くなります。

ある程度のラインまで、早急に免疫力をあげ、ガン細胞の分裂をいち早く抑えることも大事ですね。

食事療法に加え、温熱、健康食品などをうまく活用し、ミトコンドりアが働きやすい環境をつくることです。

自分の大切な命を守るには
がん三大療法だけに頼らない生き方を・・・

年間相談数:約550件
過去のセミナー実績:85回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長のブログ

塚本みづほ

オフィシャルサイトはこちらから
https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

 

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す