がんはなぜ自然治癒するの?

ガンの自然治癒は誰でも起こり得るのか・・・

気になるところだと思います。

ガンは発症をすれば、病院で治療を受けないない限り、なおることはないと思われていました。

しかし、そうでない人もたくさんいます。

末期ガンで余命宣告を受け、残された時間は多くないと知った途端、治療が嫌になり逃げるように病院を飛び出した人がいます。

それから8年の月日が経ち、今も普通に暮らしていらっしゃいます。

進行ガンと診断され、大きな塊であってもいつの間にか消えていたという人もいます。

これがガンの自然治癒や自然退縮といわれるものです。

なぜこのような現象が起きるのでしょう・・・

私たちの体内では毎日ガン細胞が発生しています。

ですが、免疫力が正常に働いている限り、ガン細胞はアポトーシス(細胞死)され、増殖する前に排除されていくため、ガンとう塊にならないのです。

つまり、これが自然治癒

治療などしなくてもなおっている現象です。

ガンになる前は、この現象を起こさせていたはずです。

ここに目を向けることが非常に重要ですね。

自分のからだのなかで、自然治癒を引き起こす状況をつくれば、ガンが自然退縮することも有り得るのです。

つまり、免疫を高めるということ

ガンをなおした人の着眼点は、ガンそのものではなく、免疫です。

体を温めたり、健康食品を摂ったり、運動したり・・・

ガンを攻撃すれば、自分の免疫も低下します。

ガンも自分の大切な細胞の一部ですから・・・

私たちのからだの治癒システムのスイッチを押すことが出来るのは、医者ではなく、自分自身の心なのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す