ガンとフィトケミカルの有用性

ガンの原因である活性酸素

活性酸素が過剰に発生する原因はストレス、薬品、電磁波、添加物など様々なものがあります。

そして、私達はたえず酸素を体に取り込んで生きています。

取り入れた酸素の約2%が強い酸化作用を持つ活性酸素に変わるといわれています。

活性酸素のすべてが悪いわけではなく、その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割があります。

しかし、活性酸素は過剰に増えると健康な細胞まで酸化してしまい、ガンなど様々な病気を起こしてしまいます。

ガン宣告を受け、不安や恐怖からストレスは強くなり、さらには化学療法で活性酸素はガンになる前よりはるかに増えていく方がほとんどです。

いかに活性酸素を上手く除去するか、酸化させない生活をするかで再発転移の率も変わってきます。

そこで活性酸素を除去してくれる身近なものは抗酸化力のある植物性の食品です。

抗酸化力のある植物には『フィトケミカル』という活性酸素を無害化にする抗酸化物質が含まれていてます。
自ら排出した活性酸素から身を守るために、植物は抗酸化物質である『フィトケミカル』を持ち備えています。
『フィトケミカル』を多く含む食品は、海藻、キノコ類、苦みのある色の濃い野菜など・・・

これらを積極的に摂ることは、体内の活性酸素の除去に役立ちます。
特に野菜は皮や茎の部分にフィトケミカルが豊富に含まれているので捨てずに使うことをおススメします。
ただし、手間でも農薬の除去をきちんと行うことです。

フィトケミカルを多く含む野菜は味噌汁などにも向いています。
煮ることでフィトケミカルが野菜の細胞膜から溶け出し、煮汁にしっかりと抗酸化物質が取り入れられます。
味噌汁は、生きた味噌に含まれる酵素と野菜から溶け出るフィトケミカル(抗酸化物質)でダブルの活性酸素除去効果があります。

様々な野菜、海藻をしっかり摂り、最低でも1日1回はお味噌汁を摂ること

活性酸素を増やさない生き方をすること
そして、フィトケミカル、酵素、ミネラルが含まれた栄養補助食品を上手に使うことも大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す