子どものおやつに危険なアルミニウム?

アルミニウムは、こんなところにも・・・

子どもたちの大好きな菓子パンやホットケーキ

添加物として「ベーキングパウダー」が使われています。

このベーキングパウダーに含まれているミョウバン(硫酸アルミニウム)が危険なのです。

アルミは、体内に蓄積されると、肝臓や腎臓の障害を引き起こす可能性があり、アルツハイマー病など神経系との関連を指摘する声も多く上がっています。

アルミニウムといえば、ワクチンや薬に使われていますが、もっと身近なところでも使われており、アルミニウムを摂りすぎている幼児が増えていることは深刻な問題だと思います。

近年では、微量のアルミでも体内に入ると有毒であるとの研究報告も上がっているようです。

子どもには、スナック菓子よりパンやホットケーキの方が安全!と、思って与えていると意外なところにも落とし穴が・・・

原材料、さらにその中の成分までは記載されていないので、自分自身で情報をキャッチすしかないということです。

それにしてもアルミニウムが含まれている食品が、身近に多いことにびっくりします。

必要でない物は口にしないことですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

https://www.qualitypro.jp/

お問い合わせ
☎0849251271 (広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す